--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月17日 (22:04)

雑ごといろいろ

- 何かヘボイ椅子に座っているせいか、背中に変な張りがあるべよ。

- 腹減った。。

- google日本語入力がアップグレードして正式版になったので入れてみただ。少しレスポンスが滑らかになったかもしんないべが、気のせいだべか?

今年もあと2週間だべね。暦というのは便利であると共に残酷で、去年の今頃なんていうのを思い出してしまうわけだすが、これがまた来年だったら少しは慣れるのだべか??キミがいない今年の季節、、みたいなやつに。
スポンサーサイト
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月31日 (19:05)

行く年2009, 来る年2010

皆様、明けましておめでとうございますだ。

おらがパリでバタバタしているうちに日本では2010年が明けちまいましたのう。平成だと何年だすかね?もはや覚えてないのだすが。。

えーとだすね、おらはとある記録を付けるのに年号の下二桁から始めて例えば2009年12月31日ならば091231と表記しているわけだすが、初めて000107みたいな感じで記入していた頃にはこそばゆい感じもしたとはいえ、しばらくすればなれてきたわけで、、、これからは100107みたいな感じで書くことになると少しまたこそばゆいかもしれんのう。

そんな年始なのだすが、1/2から海外出張が入っておリやんして、多分年始の挨拶頂いても返事は1週間後くらいになると思いますだが悪しからずや。実は学会に参加なのだすが、発表もさることながら、何気に4つ星ホテルに長々と泊まれることの方が嬉しいわけだして(貧乏性?)、久々に浴槽に浸かりーのフカフカのベッドで眠りーのがとても楽しみなのだす。

ポスターは流石に刷り終わっていてもう手元にあるわけだすが(しかも作るのに3日しかかからなかった最後の”未来予想”図がとても自信があるわけだして人々の反応を聞くのがワクワクなのだすが)、トークの準備がまだだして、、さすがに今回は練習をするとは思いますだが、誰かの前でやるのを相変わらず怠ってまして、この点は2010年は改めたいと思うわけだす。うーんでも、生涯こんな感じで行くような気もしてきただ。

flashed_keanubon2010

とまあ、そんなバタバタしている状態でキアヌぼんを撮影したらうっかりフラッシュを焚いてしまいやしてねえ、お目目がPhotoshopで加工もしてないのにバッチリ塗られちゃっているのだす。で、なんとなくblogなんかに時間を費やしている心の余裕がないので、とりあえずこんな簡単な感じでおらキアからのご挨拶とさせていただくだすよ。
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2009年05月04日 (00:19)

賢いと思っている人たちに一言。

一言で言うならば、「いかに”ごまかせるか”みたいなところにエネルギーを注いでいる」(ように見える)のは、ただの小悪党だすよ。

まあ堀江氏も「いかにグレーゾーンをうまくつくか」云々っていうのを抜け抜けと言っている辺り、叩かれちゃったんだしょうが、そこそこ賢いとは思うし共感が出来る面もある反面、基本構想が違う点に置いてあまり気は合わねえでしょうなあ。

でも、日本って、そう言う人たちを「すごい」と評価しちゃっている辺りに、「本当に”すごい”って思っているんダベか?」とオラは疑問を持たざる得ないわけで、どこまで人は本音をオラに話しているんだすかねえ?本当にそう思っているならば(もしくは自分でそう思い込んでいるならば)、何かマジでやばいべよ。

と、似たようなことを思っている他分野の人の思いの丈を延々と聞かされて、実感した次第だす。そんなに悲観主義ってわけでもねえのだすが、ねえ。



カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月26日 (07:15)

英文校閲にまつわる追憶。。。

non-nativeにしてさらに英語がメチャクチャなオラは、英文校閲って言うのを科学雑誌に投稿する前にはやらなければいけないのだすが、その手の会社に頼むと3-5万円くらいかかってしまうわけだす。

その昔、オラが卒研論文(一応英文)を同じ研究室のハーフの子に頼んだ時、薄っぺらな論文とは言え「(元の文章が訳分かんなくて)頭が痛くなった。。。」くらいまで見てくれたのに対して、何か特別なお礼をした記憶が無いのだすが、今考えると非常に失礼なことだったべな。。。

カナダで技官やっているはずだべが、いつか会うことがあったら、何かお礼をするべよ。


ごく稀に日本語でしか書かれていない、けれど重要(そうに見える)論文があって、たまに英訳を頼まれることもあるので、そういうのは持ちつ持たれつなのかもしれないとは思いつつ。。。
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年09月22日 (16:44)

坂東女史へ

プロの作家が公的媒体である新聞に批判も出ること覚悟で書いた文章に対して、ポリネシア政府が告発に動いただけで「言論の弾圧だ」と認識しているなら、あなたはまた問題のすり替えを始めているのだと思われても仕方が無いと思うだす、坂東女史。

人の問題をペットを拡大解釈し始めていますだが、何かが違うだす(よりによって、ナチスを持ち出すわけだすか?しかも同性愛からは子供は生まれないわけだすから、理論的に言っても、そういう行為はめちゃくちゃなわけだす。それと同列にしているのは何か変じゃないだすか?bi-sexualだった場合には、、、とか話が違う方向に行くのでやめるだすが)。以前にも書いただすが、あなたが猫を自分の投影先にしている時点でそれはもう自然の話などと同列に扱ってはいけないわけだす(でもって、ナチスの話なんだすかね??)

要は自分が傲慢である、と一言で言えば済む問題を、あれこれ一般化に持ち込もうと正当化しようとするから、おかしさが生じるのだす。批判を受け、それが生活している場での法にそぐわないなら、罪を受けるのは当然だす(もちろん罪に問われないならば、そのままのその生活を続ければいいわけだす)。

で、だすね、オラが言いたいのは、

一石を投じるとか、そういうたいそうなことをしてくれなくとも、ペットを飼う人は不妊手術に関して悩む人も当然いるわけだすし(不妊手術が当然だと考える人がいるのと同様に)、余計なお世話だす。多角的な議論と言うのは、すでになされている気がするのだす、ペットを飼う人達にとって。それを「不妊手術が当然という風潮が当然」と一面的に取り扱い始めていることもたぶん件の日経新聞の記事への反発だと思うのだす。

タグ : 坂東
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年08月21日 (03:12)

自己暗示

宣言:オラはこの綱を渡り切る!!
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (4) トラックバック (0)
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。