--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月13日 (23:36)

ホーホケキョが聞こえてくるだ。

立春とか過ぎると、それなりに暖かい日があったりして、そうやって徐々に春めいていくんだしょうが、ウグイスの鳴く声が聞こえるとそれなりに実感は増すだべねえ。

前にも書いたように2月はおらキア月間なんだべが、ちょっと何か思い出して書こうとすると涙が出てくるので、結局書けないんべね。つまり、あまり更新がないこと自体がおらキア月間だったりするだよ。今は。

いよいよ来ると思いきや待ち人が来なかったり、じりじりっとしか進まなかったりするわけだすが、まあそれもまた人生だべよ。奇特な人と知り合いになるも、それもまた人生だべねえ。

あーこりゃこりゃ。
スポンサーサイト

2010年11月20日 (13:17)

牡蠣くき

急に牡蠣が食べたくなって、、っちゅうのも、街を歩行ってるとレストランの店頭で牡蠣を販売してたりするからなんだすが、近所の魚屋さんに行ったのだす。

と、3ランクの値段があり、いまいちその違いが分かんなかったので、中を6個 (5.90euro)、大を6個(8.40euro)を頼んだわけだす。野菜とか魚の切り身は量り売りしてくれるのだすが、牡蠣は6個か12個が販売単位だそうで、、。

右が高いほうだべ
右が少し値段が高いやつだべ。殻を開けてから写真を撮ろうと思ったのだすが、既に手が汚れてたので断念。

でもその違いは実はよく分かんなかったのだす。どちらの大きさもそれなりにあり満足できるんだすが、味的には一緒のような。。。ちゅうか、生で食べたら結構しょっぱくてだすね、どうも牡蠣のクリーミーさの違いもへったくれも無かったのだす。きっとゆがいて食べた方がよかったべねえ。鍋の季節になってきたこともあり。身の大きさから考えたら、2.5euro/6個 = 0.416euro (約47円)分の価値はあるような無いような。ちなみに牡蠣用ナイフ5euroの価値はちょっと高いかもしんねえべ。

そりゃそうと、キアヌぼんは牡蠣にはきっと興味がなかったと思いますだが、カキクキが大好きだったのだす。

2010年11月19日 (01:51)

季節もん

ポトフとボジョレーな夕飯だったべよ。

2010年11月18日 (00:26)

さみっ

ちょいと急に冷えて来たべ。空気がさす系。

雨が何となくぶり返し。

牛乳飲むと腹がグルグル言うようになっただ。
おらも腸ガンで行ってしまうんだべかねえ.、とかおののいてみたり。

2010年11月16日 (02:01)

ムールむーる

いわゆるムール貝の蒸したやつに胡椒をかけて、ってやつはナポリでも散々食べたわけだして、最終的には自分で作ってたわけだすが、

フランスのそれはエシャロットとかクリームが足してあって鍋ごと出て来て、フライドポテトが添えてあるのだす。ひょっとしたらベルギーの料理だったかもしんないだすがね。

たまに食べたくなって外食の時に食べるのだすが、どうもレストランで出されるのよりも、ムール貝専門店でチェーン展開している店のムール貝の方が明らかにプリプリしているんだすよね。

多分養殖もんなのだしょうが、別に味やら食感にそこまでこだわりも無いだすしね。お寿司食べるのとは違うのだす。

その専門店、ファミレスっぽい感じなので雰囲気出ないのだすがまあそれはそれで良しとすんべよ。

どうも身の痩せたムール貝をほじっているとせせこましく感じるだすし、材料の回転が遅いせいかお腹の調子が微妙に悪くなるのは普通のレストランで食べた時に起こる気がするだ。

魚介類専門レストランに行けば良いのかもしれないだすが、それなりに値段も張るので、そう頻繁には行ってられないだすしねえ。

ムール食べたくなったら、チェーン展開レストランが結局良いと言うことにだべな。

2010年11月09日 (21:38)

カレー1箱500円

たまーに食べたくなるカレー。

野菜剥いて、炒めて、煮こんで、あくとって、、で、ルーを混ぜるだけ、
って言うのは、実は楽な料理の一つだすね。

でも、いわゆる日本のカレーのルーは、当然ながら輸入物なので、普通のランクの製品が500円くらいするんだすよね。日本だと200円弱位だった気もするのだすが。ま、たまにはいいだすかね。

ところで最近のカレーのルーは異様に溶けやすくなっただすね。最近って言っても比較は10年ほど前の製品との話しなんだすがねえ。

2010年11月01日 (00:28)

散歩をしながら考えただ---ゴミ漁る人々、ピザ屋、外食産業。

最近、ゴミ回収の日にアジア系の人々が、ゴミ箱あさりしているんだすよねえ。

廃品回収の日に壊れかけたり古くなったりした家具をフランス人のカップルやら若者やらがお持ち帰りしているのはよく見かけていたのだすが(知り合いの家にも何気に骨董品チックに置いてあったべよ)、ゴミ袋の中をいちいちチェックしているのって言うのはちょっと。。。だから嫌われるような気もするのだすが、、のう。フランス人にとってアジア人はヒャッパヒトカラゲなわけだすから、あんまりそういう行動を取って欲しくはねえというのはオラの本音だすがよ。

夕刻電車に乗ると移民系で妙にきっちりとしたサラリーマン姿の人達を見かけるのだすが(割とフランス人がラフにスーツ着ているのとは対照的に)、彼らはひょっとしたらきっちりとした格好をすることで要らぬ偏見を避けようとしているかもしれませぬ。とちょっと思ったりもして。

それはさておき、捨ててあるものを何に使うかは分かんねえだすが、まだ使う気でいるのはひょっとしたらエコでいいのかもしれませぬ。なんせ日本の厳格な(おらにはそう見える)分別の仕方からみたら相当に適当なフランスの捨て方の中から、不燃物と思われるものを拾っていくわけだからよ。


なんてことを考えながらお散歩していたらだすね、新しい近所に出来たピザ屋の前に来たのだす。
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。