--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月31日 (05:57)

手をみて考えるべ

とりあえず指に反応するキアヌぼん


手をじっと見て考えた人がそう言えばいただすな。キアヌぼんもじっと見て考えるだしょうか?

さておき、、、ベストは尽くしていると思うのだすが何故かTODO listは増えるばかりで、でももっと働けばいいかと言えば、最近無理が効かないのでコンスタントに淡々とやって行くしか無いわけだすが、、、こういうのをきちんと書くのも大変なので引用と言うか、代弁しているっぽいエントリーを紹介して、終わるわけだす。

切込隊長BLOG(ブログ)?俺様キングダム? より
「自分は要らない存在じゃないか」と悩んだ人と考えるトピック
リンクはこちら

スポンサーサイト
タグ : 人生
カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年08月27日 (22:47)

二択で自己改革を成功させる試み

絶対成功する物事の進め方? : ひろゆき@オープンSNS
http://www.asks.jp/users/hiro/6595.html

によると、
*******

物事をうまく進めるには指標を数値化して、試行錯誤した結果、その指標がどう変化したかを観測して、効果があった方法を突き詰めるとたいていうまくいくわけです。


*******

と言うことなのだすが、この数値化すると言う辺りでちょいと考えあぐねている様子。

で、おらはとりあえず単純化した数値化で、ちょっとずつ自己改革をしようとしているわけだす。2択にしておいて、両方やってみて、まあざっくばらんな比較(数値化にこだわらない)で分岐を決めて行って、最終的な成果は大きな差が開くに違いない、と言う論法。

事例1:とにかく1日の終わりに風呂に入る/朝シャワー浴びる、のでは、どっちかいいか?

結論:どうやら1日の終わりに風呂/シャワーに入った方が、翌朝の目覚めがいいようだ。


事例2:通勤路、街道沿いの近道(5-10分短縮)を通るか、キャンパス内の緑に囲まれた小川沿いの小道を通る、のではどっちがいいか?

結論:ちょっと時間がかかっても、キャンパス内の小道を通った方が精神的なストレスが和らげられる。特に帰り道にその効果は顕著である。川のせせらぎの音って実に安らぐんだすよ(じゃあipodで川のせせらぎBGMを聞きながら、街道を通るとどうなるべかね??)。


ちょいと結論が付き兼ねているのは、休む時には思いっきり休む/ちょっとずつでも手を動かしておく、のどちらがいいか?なのだすが、このモデルは少し問いかけに修正が必要で、基本的に手を動かす路線なのだけれども、休みの日はそれが動かなくても悩まない、という風に落ち着けておいて、対抗モデルを打ち立てたいと考え中なわけだす。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2006年08月25日 (06:59)

ペットやら家畜やら

まあ、アレだべね。結局のところ、ペットとか家畜とか言うのは、いわゆる生態系からは切り離されているわけだして、つまり人間が作り出したシステムに組み込まれているわけだす。

もちろん、人間のシステムというのも、生態系の一部には違いないのだすが、ある程度は独立して囲い込みを行なうことによって、独自性を保っているわけだす。

考えてもみてくだせえ、そこら辺の塵かもしれないあなたがこうしてblogを読んでいるのは何らかの生命現象と言う囲い込みによってあんたと言う一つの半独自性を持つ個体として系が成り立っているわけだす。まあよく人を例えて小さな宇宙みたいに言うのを聞いたこともあるかもしれないだすが、そう言う方面の概念だす。

で、そこに本来の意味での動物の本能やら生態やらを持ち出して来て、議論らしきものを始めようとするから破綻するのだす。原始人の生活に戻って採集もしくは狩猟で生計を成り立たせているならば説得力もあるかもしれないだすが、文明に足を突っ込んだ状態で生命倫理を語る際には、その人間もしくは文明の囲い込みの前提抜きにしてはいかんだすよ。

と言うのを、考えるに、何となく今までうさん臭く思えていた動物愛護協会の主張も、拒否感を多少減じて聞くことが出来る気がしたのだす。

と、考えていることの途中を書いておいて、特に結論に至らぬまま、今日は寝るとするだす。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2006年08月24日 (06:32)

それはキアヌぼんゆえ

パソコンが気になるキアヌぼん


オラは猫を飼っているのではなくて、キアヌぼんを飼っているのだす。

キアヌぼんと言うのは確かに猫には違いないのだすが、でもだからと言ってオラが猫なら何でも好きかと言うと実はそうではなく一応選り好みはあるのだす。まあこういうのはあちこちにも適用出来て日本人だからと言って好きになれない人もゴチャマンといたりするわけだすが、その傾向は輪切りの社会階層で生きて来れた日本から出た瞬間より顕著になっただすな。

2006年08月21日 (03:12)

自己暗示

宣言:オラはこの綱を渡り切る!!
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2006年08月19日 (15:25)

カエルぴょこぴょこ。

昨晩、オラがゴミ収集ポスト*を通りに出そうと表に出ると、足下で蠢く(うごめく)ものありき。。。ぎょっとしてよくよく見ると、カエル君達なのだす。が、そこそこ、といっても3匹程度しか確認してないだすが、暗い中で踏んづけてしまったら困る(お互いに)と思い、今日は早起きして、朝、ゴミを出したのだす(一応、前日の夜に出しておくことになっている)。


2006年08月19日 (04:39)

秘密基地

秘密基地

稀と言うくらいにしか入らないのだすが、入っている時は何故かいいお顔をしているので、何故か捨てるに捨てられないIKEAのオフィス用椅子の箱。つぶれかけ。。


9月になったら、週末は休むべ(論文書くためのinputが必要なので、一月ほど書けない気がする)。でもって、IKEAにも行くとするべよ。

2006年08月18日 (06:07)

机を占領するキアヌぼん

占領するキアヌぼん

家で作業するとこうなっちゃうので(タイプしようとすると噛み付くのだす)、書斎のある家に引っ越したいべな(結局、台所で作業中)。。。休みの日もラボの机で仕事することにするだすかねえ??(お弁当を作んなければいけないのが面倒なのだす)。


と言いつつ、キアヌぼんがいなくなっちゃったら、こういうのも懐かしくなんだべねえ、きっと。

と、コーギーblogさんの記事経由で読ませて頂いたビスコ君(犬)が飛行機移動の最中に生じた熱中症が原因と思われる体調悪化で亡くなった、と言う記事(”フレンチブルドッグ・ビスコの日記”さん)を読んで、しみじみ思ったのだす。


キアヌぼんも、いずれは飛行機移動は通過せざる得ない道なのだす。

先日のテロの影響で液体の持ち込みも制限されているような状況が続いてしまったりしたら、それも考えもので、出来るなら気候の安定した時期を選んであげるのも手なのかもしれないだすが。。。猫の室内持ち込みも概ねの会社で禁止の方向にあるわけだすし(ちょっと前まではたいていの会社で客室持ち込みも可能だったらしいだすが)、直行便で客室持ち込みが出来るエアーを探したいだすなあ。

ちなみにパリから日本へ猫をつれて帰った方のblogはこちら、さんるい横町だす。

2006年08月17日 (05:23)

無駄に終わった1日

数日前に買ったパテがどうも痛んでいたらしく、朝飯に食べた直後から胃痛が始まったわけだす。

ほんでもって、おうと&げーりーな状態になってしまい、どうやら発熱もあったようで、結局ベッドでウーンとうなりつつ、気付けば夜22時過ぎ。

一応、症状は治まったみたいだすが、なんかこれって1日無駄にしてみていだすなあ。風邪とかなら分かるんだすが、食あたりが本当の原因だとすると、予防がより簡単だったはずなので。むう。

やれやれだす。

これからは古くなったものはさっさと捨てることにするだす。

2006年08月16日 (04:46)

”日本人”故にヘロヘロなんダベか?

例えば、外国で働くことによって、自分の時間が持てるようになったと喜ぶ人はそれなりにいると思うのだすが、前回のエントリーで自分の生活を振り返ってみるに、全然日本といる時と変わらないわけだす(日本で拘束されるような仕事に就いたことは基本的にないんだすが)。

で、語学の分だけ、結局負担が増えているんでは無いベカ?と言うのが、オラがいずれ日本に帰ろうと思う理由なのだすが、そのためにも今は働かねばならず、「日本人はよく働くねえ」「働き過ぎは体に毒だよ」と言われても、それは日本人だからと言うよりかは異国で働く研究者だからな気もするんだすが、どうなんだしょう??

2006年08月15日 (05:56)

日常を記録してみるだす

キアヌぼんが久しぶりに朝飯を食べて”おうと”。

まあ久しぶりにと言いつつ、覚えているくらいには頻度はあるのだす。ここに来てから4回目くらいではないだすかね?まあ、がっつき過ぎて胃が変に刺激されちゃうようなのだすが、一応記録しておこうと思うのだす。なんせ blogなわけだすし。


ついでながら、キアヌぼんの1日を書くと、、、

朝、7時頃目覚める(最近、朝は遅いのだす)。
 まず頭をブルブル回転させる。
 上に伸び~~。
 ベッドから飛び降り。
 前に伸び~~~。そのまま横にゴロンパして、オラを呼ぶ。
7時半頃、朝ご飯(すなわちオラが起きて来るわけだす)。
 オラが頭をなでようとすると、自ら頭をオラの手のひらにフィットさせに来る。
食後の運動30分。たいていはオラが操る紐で遊ぶ。
朝寝。。2,3時間(オラがラボに行く時は寝ているわけだす/日曜日は一緒に二度寝)
午前の道路観察or運動(オラがラボに行くのが遅いと、一緒に脱走しようとするので大変)。
お昼(オラが家にいるとき)
昼寝(~16時から17時くらい)。
18時ごろ、お腹が減り始める。実際のご飯は21時前後。
1時間ほどウロウロ。
22時ごろ、外を眺める。
23時ごろ、そこら辺で就寝。
25時ごろ、一旦起きて、オラのベッドに移動。オラが起きている時は夜食の催促。

2006年08月14日 (05:12)

続・黒猫タンゴ

オラが庭には、たびたび野良が巡回して来るのじゃが、中でもクリソツ「てきあぬぽん」と暫定ボス「とら」とは相性が悪いらしく、キアヌぼんは彼らが庭に入って来ると落ち着かなくなるのじゃった。

と、それはまだ庭師が来る前の草ぼーぼーの時のこと、、

黒猫タンゴと対峙するキアヌぼん

キアヌぼんは黒タンゴと再び遭遇したのじゃった。。。

そして、、、
タグ :

2006年08月12日 (15:19)

Unusual Summer

50年間の天候記録史上、最大級の暑さを記録した2006年の夏、、、のハズだすが、今朝起きてみると、早、窓に露がついているのだす(少なくともパリ郊外の朝では)。

涼しいを通り越して、寒いだす。。。

2006年08月11日 (08:31)

アジア的醜さ

何となく最近気付いたのだすが、アジア人に共通してなんとなくみっともなく見える外観の一つとして、男女を問わず髪の毛がポーポーと言うのがあげられるのだす。

これはアジア人だからと言う理由で醜いと言っているのではなく、なんか奇矯に見えるアジア人がいる、と思う人々の共通項を見いだそうとすると、割とそこに落ち着くのだす。頭部の割合が大きいことが関連していると思うのだすが、清潔感にも関係がありそうだす。もしかしたら、髪質に慣れている床屋/美容院が見つかりにくいことも関係しているのかもしれませぬ。

で、鏡を見ると、ここにも髪の毛ポーポーの醜いアジア人男性が一名いるのが判明したので、とりあえず散髪に行きたいと思ったのだすが、今はヴァカンスシーズンで2週間ほど休みなのだす。。。むう。


いつもすっきりキアヌぼん

そういや、おめえさんは散髪しなくともカッチョいいのう。

2006年08月08日 (07:01)

庭師を雇ったのだす。

なんせ”バラ命”の大家さんだすので、それなりにプレッシャーがあり、面倒なので庭師を雇ったのだす。金で解決出来ることはしておくのだす。

で、最初にオラがやったことは自分なりの仕事量の見積もりだした。大体各仕事、例えば芝刈り、雑草取り、垣根の手入れ、などをやってみて、単位辺りの時間を計算したあと、自分でやったら3,4時間くらいかかりそうだな、と見積もってみたわけだす。オラ的にはしゃがんで雑草取りなぞやりたくし、垣根の剪定にしてもいまいち勝手が分からないので、それにはお金払ってもいいなと思ったわけだすな。

ほんでもって、オラがいいだす前に大家が言うに「たぶん、庭師の人に2,3時間頼めば、それなりにきれいになるだろう」とのことだったのだすので、「じゃあ最大でも40euroまでは払うけれども、見積もりの段階でそれ以上かかりそうならば、自分でやるだす」と返答しておいたのだした。

で、大家さんもそれで庭師に頼んでみると言うことになり、実際事前の電話では「1時間13euro、実際の仕事量の見積もりは、現地で見て確認します」と返答されたと言うことで、まあ見積もりにきてもらったわけだす。でもどうやら3時間よりはかかりそう、と言う見積もりで、でもそのかかりそうである場所の作業もオラ的には1時間も余分にかければ終わるだろう、とふんでいたので、それで何となくゴー・サインが出たのだした(註:オラが出したわけではなく、大家さんが出したのだす)。

でもこの”何となくのゴー・サイン”が曲者だったようだす。

2006年08月08日 (04:55)

誠実って強いベナ。

ガッツ石松さん。 のことなんだすが。


聞こえるベカ、ナポリタンな人々*?
オラはしっかり聞きたいと思うだすだ。

*イタリアはナポリ出身の人々のみならず、それと同等の行動を取る人々。
タグ : ガッツ石松
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年08月07日 (06:09)

2006年8月

今年(2006年)は確か観測史上最高を誇る猛暑だったと聞いたのだすが、先日から急に涼しくなって、オラはなんと風邪をひいてしまったくらいなのだす。

ゴロンパ


夏と言えば、キアヌぼんは開きになるわけだすが、そんなわけで、ゴロンパとあられもない格好をするのは今年は稀なわけだす。この前、暑くなって来て、キアヌぼんが寝るとき布団に乗らなくなった云々と書いたと思うのだすが、乗っかりは復活したわけだす。

あっという間に8月も一週間が過ぎ、あたふたしているのだすが(60年前のことをきっちり思い浮かべる時間もなく)、明日からの一週間はちゃんと気張って過ごそうと思うのだした。


2006年08月06日 (16:30)

思っているのはオラだけダベか?

巷でお騒がせらしい某若手ボクシング選手。

おらはあんまり見ていて好かんのだすが、あるとき掲示板を斜め読みしていて、「関西人だから云々」と言っている人が多数、というのが、どうも「ナポリ人だから云々」というイタリア人の論調に似ている気がして、ちょっと納得してしまいましただ。

でもって、「関西人、大阪人とか一緒くたにするな、まともな私は迷惑です」的反論も何となく一緒、のようでいて、微妙に違うのは何故かこの路線のイタリア人(正式にはナポリ近郊都市在住のイタリア国籍の人)は「いやあ、もし嫌な思いをさせてしまったら申し訳ない。本当に恥ずかしい。」と謝って来たりするのだすが、ひょっとしたら、これは在日本ベネゼエラ大使館にメール送るみたいなものだすかね。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年08月04日 (04:34)

ミス・コン



まあ、まずは見て下され(12秒)。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (3) トラックバック (0)

2006年08月03日 (05:08)

そして彼は去って行ったのだす。

しばし対峙した二匹なのだすが、キアヌぼんも固まったまま逆にリラックスを始めたわけで、一方的に緊張しているのは黒猫タンゴの方なのだす(ま、おらも後ろで見ているわけだすしね)。その内、タンゴはめんどくさくなったか、、、

去りゆくタンゴ
きびすを返すと草むらの中へ消えて行ったのだした。。。


こうして、キアヌぼんファイター迎撃型零号は見事侵入者を撃退したのだす。後日談もあるだすが、まあそれはまたその内。


ちょいとおつかれキアヌぼん
とりあえず今は休憩したいそうだす。

2006年08月02日 (03:37)

そして両者は対峙した。

キアヌぼんファイター迎撃型零号は戦地にて目標に接触、次のアクションに移行すべく間合いを取り始めたのだす(前回のエントリーはこちら)。

前回の続きなのだす。
まあそんなわけでにじり寄るキアヌぼん。

警戒する黒猫タンゴ
ちょっと警戒する黒猫(タンゴと命名)。威嚇の声を上げるわけだす。

そりゃそうと、キアヌぼんと言うのはこの期に及んでもにじり寄るだけで、声を発しないんだすよねえ。

応戦の構えを見せるタンゴ
さらににじり寄るキアヌぼんに対して、応戦の構えを見せるタンゴ。

一旦仕切り直すキアヌぼん
威圧感を感じてにじり止まるキアヌぼん。

両者の仕切りは整った今、次の瞬間起こったこととは??

(つづく)
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。