--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月30日 (00:25)

親ばか

飛びかかっては来ても爪は立てずに肉球でパフッとやることを覚えたキアヌぼん。その学習能力はただの猫ではねえのだす。さすがオラの助手ダベ。賢さ抜群ダス。
玄関に佇むキアヌぼん

スポンサーサイト

2007年10月27日 (18:43)

他人の不幸を美味しく感じる人々

ちょっと思うところあって最近交友関係を広げているわけだすが、おもしろいのは一旦回り始めるとそれなりに気の合う知り合いというのは増えて行くわけダス。

以前、オラが割と身近にちょっとお近づきになりたくない人がいる旨を述べた時に「周囲にそんな毛嫌いの対象になる人はいない」とか「パーティーなんかではそんな変な人と会わないなあ」とか言ってくれる人もいて、ま、そう言う状態にようやくオラもなりつつあるのかもしれませぬ。

どうもオラは、「とある集団に一定の割合含まれるおかしな人達に接した時に必要以上に消耗してしまう」傾向がありやんして、オラは弱い人間だすのでどうも他人のゆがみを押し付けられると非常に居心地が悪いし負けちゃうわけダス。考えてみたらここ10年近くは妙に業界での人間関係が濃かったのがまずかったのかもしれませぬ。申し訳ないけれども、ナポリにいた人達も歪みの度合いが結構スゴかった気がするダス。もちろん一部の人だけの話しだすので気分を悪くしねえで欲しいわけだすが、やはり勝手に選り好みが出来ない分、そう言うことになりそうだす。

というのを、新規開拓した交友関係、、割と素直な人達で構成されていて気分的に楽な人々、の中で、まあそれなりに楽しくなってくると、じゃあ楽しくなかった時の要因になっていた人々の共通項は何だったんだべか?とふとある日振り返ってみたことがあるわけで、それが表題のような人々なわけだす。

2007年10月24日 (00:01)

遊ぶキアヌぼん

パリは急に冷えて来たわけだすが、キアヌぼんは部屋の中で駆けまくりーの、紐にじゃれまくりなわけだす。

遊ぶキアヌぼん
珍しく動的なキアヌぼん

でもって、夜は布団に潜り込みなわけだすよ。

おらキア的には冬到来なわけダス。

2007年10月20日 (17:23)

注射は嫌い、キアヌぼん

そんなわけで注射に行って来たキアヌぼんだすが、狂犬病用のも済ましてあるので国外へ出る時には抗体検査を受ければ良いわけダス。

体重は5.5kg,,,,ちょっぴり増えているのは要注意。

首のところのはげは皮が綺麗だから皮膚病とかではなくて、むしろ虫がいて掻くからかもしれないとフロントラインを添加したわけダス。蚤取り用のくしでは引っかかってこないものの念のための処置ということだした。

結構、一万円くらい取られるんだすが、まあどうなんだすかねえ?ナポリの獣医さんと比べると3倍ほどなのだすがアシスタントのお姉さんの人件費も含まれているということダスかね。

キアヌぼんはお疲れで例によって籠っているのだす。

2007年10月18日 (21:41)

スト結構

交通機関24時間ストなんてものがあったりするわけだすが、前日の20時から始まるわけで、前日も仕事を早く切り上げないと行けなかったわけダス。

でもまあ、こういう機会、、どうあがいても仕事場には行けないという状況、、でもないと思いっきり休めないわけだして、半日は寝て過ごし残りの半日はたまった家事を片付けるのに費やすことが出来やんしたよ。

明日もまだ電車はちゃんと動かないかもしれないわけだして、いっそのこと電車を止めるなら止めてしまって下せえ、とか思うわけだすが、まあなんとかして移動したい人も世の中にはいるわけだして、(スト決行をしょっちゅうしている)イタリアみてえに通勤時間に限って通常運行とかしてくれた方がありがてえかもしれねえだす。


寝る子はキアヌぼん
写真は前の家でのキアヌぼんの写真だすが、君はいつも休めていいだすのう。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月17日 (00:44)

ナポリと亀

何かちらりと斜め読みしていたら、どうも雰囲気が似ているのに気付いたのだす。ナポリな人達に。

****一部引用****
亀田父「悪いことは悪い」=大毅の厳罰には親心も-ボクシング
10月17日3時0分配信 時事通信

 ”「悪いことは悪い」と反則行為の非を認め、自身の処分について「仕方ない。わたしが邪魔であればいなくなってもいい。もうセコンドに付くのも、しんどい」と気落ちした表情で語った。”
 ”史郎氏は「この先、正直どうなるか分からない。わたしは親として(子どもたちを)守らなければならない」”
 ”厳しい現状に同氏は「いつもわたしはいいように考えてきた。今回のことでも、もっともっと家族のきずなが強くなったと思っている」”
********
カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年10月15日 (00:33)

バイリンガルなお子様たち

お昼に招かれた先で出会った日本人夫婦のお子様たちは現地の小学校に通っているそうなのだすが、フランス語で当然授業を受けているようで日本語とフランス語とチャンポンで話しているわけダス。

招かれ先のフランス人夫婦の子供とは当然フランス語で会話しているわけだす。ウーム、10ヶ月ほど前までは日本語全開で飛び回っていた気もするんだすがねえ。

で、何かフランス語で話しかけられてもそのレスポンスが普通に速いのだす。。。

オラが何か聞かれて頭の中で文章を整理して’、、はい。’って答えるとしたら、彼らは質問の途中で既に’うん’と答えているわけダス。ちょっと羨ましいべよ。

2007年10月13日 (17:18)

あれ?首の下の毛がうすいべ。。

メモ
- 首の付け根の辺りの毛が薄くなって地肌が見えている。
- 気のせいか、水を飲む量が多い気がする。
- スーパーの餌が原因か??少なくとも餌を今週頭に変えたのは事実だ。

今日、獣医さんに連れて行くつもりの気配を察してストレス感じているのだったら、まだいいんだべがねえ。。


2007年10月11日 (00:09)

日だまりキアヌぼん

週末の昼下がり、キアヌぼんは日向でお昼寝するわけダス。

うにゃーーうにゃーー。


ウニャニャニャーウニャニャニャー。


そりゃそうと、キアヌぼんは右の牙がちょっぴり長いのだす。

2007年10月09日 (23:10)

自分を信じるべし

オラが、過去の自分に一言言える機会があったら言いたい言葉が表題の「自分を信じるべし」という言葉なのだす。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月07日 (12:53)

オラの研究テーマ紹介:複雑系

一応研究者を名乗っているオラの研究テーマをたまには紹介したいとふと思い立ったわけダス。

オラの研究テーマの一つとして、”複雑系”と言うのがありやんして、まあこれは単純な要素が複数絡み合うことによって決定論的であるにもかかわらずシステム全体の予測が出来ない現象に関することなのだす。

2007年10月04日 (23:49)

キアヌぼんはご機嫌ダス

キアヌぼん、君はどうしてそんなにご機嫌何だすか??

今日も今日とてキアヌぼん!

とりあえず君は幸せに暮らしていると考えていいダスかねえ?だとしたら、オラはほっとするダスよ。

オラ自身は何だか空回りしている気もするのだすが、ギアが噛み合う時がくるかもしれないと希望を持ちつつ、回る次第ダベよ。

2007年10月04日 (08:35)

フランスでは本当に日本製MANGAやアニメが流行っているのかもしれない。

どうも、いまいちフランスで日本の輸出文化であるところのMANGAが流行っている、、という日本のマスコミ(主にヴァラエティー)の情報に懐疑的だったオラ。「それって、一部の愛好家の話でねえんだすかねえ?」と思っていたわけだす。

と、とあるパリの主要駅に店を構えるVirgin Megastoreを覗いてみた時のこと。MANGAコーナーが構えてあるわけなのダスが、ここでのポイントは、、


2007年10月02日 (23:19)

その後の坂東女史はどうなったんダベか?(オラの想像含む)

先日、とあるパーティーでイタリア出身の同業者と会ったわけだす。

今手がけているテーマに関するボスの方針の理不尽なことに関してちょっとお腹立ちなようで、「しかもその理不尽さが他人に分かってもらえないのがまた腹が立つのよね」と言った辺りで、「いやいや、そう言う悔しさはオラも分かるダスよ。(中略)。ナポリでのエピソードを話しても信じてもらえないのと一緒ダベ」と答えるや、、

「えー?!日本人なのに良く耐えられたわね!”あんなの”イタリア人だって大変なのに」と逆に共感してもらえたのは良かったような反面、でも一抹の悲しさを何故か感じたのは、きっとオラの人生の選択があんまり正しくなかったのを再確認させられたからのようでもあり。。。

ナポリ的なものの話が出ている今日この頃、何故か、オラの中で「そういや、かの坂東女史はどうなった?」という疑問が湧いて出ており(彼女にはナポリ臭がするのだす)、簡単にネットで調べてみると、結局一年ほど前にタヒチ当局で告訴されたようで(いまいち確固たるソースが無いのだすが)、今はイタリアはリド島に在住のようだす(wiki参照)。

タグ : 坂東
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年10月01日 (20:32)

電車に乗った猫(その3)

(前回までのあらすじ)
電車の中にキアヌぼん模様な猫がうろついているのに気付いたオラ。目が合った瞬間、知的な感じを漂わせたその猫(以下、小林少年)は隣の車両からテッテケテーと走り寄って来て、オラと一緒に電車を降りたのだした。
(参考記事:その1その2


で、その小林少年はだすね、電車を降りてもオラのあとをテッテケテーとついてくるわけダス。。。駅の反対側に回っても付いてくるわけダス。。。

でもって、頭をゴツンとぶつけてゴロゴロされちゃうのはかわいいわけダス。。。って、困るオラ。何故なら、オラがこれから向かう場所はオラの旧家なわけだして、掃除と片付けのためにチョロッと寄るわけダスから家には餌も無いわけだすし、大体餌があったとして居着かれてしまっても責任が取れねえわけダス。オラがそこにそれ以上住むわけ出ねえわけだすし、住んだとしてもキアヌぼんがオラに取ってはキャパが一杯一杯なわけダス。


なので、オラに付いてくるのはいいとして(そのエリアは住宅街でそんなに車もスピードだしてないわけだすし、電車に乗っているよりは増しダベよ)、心を鬼にして目を合わさずに道を歩き始めたわけなのだす。

が、やはり一定の距離を置いて後ろから付いてくる小林少年、後ろを振り返らずに道を行くオラ。そのまま、おらは家に入ってしまったのだす。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年10月01日 (19:19)

空を仰げば。

散歩しているとたまに変な光景に出会うわけダス。

ぶら下がる物体
ナポリでもないのに、何かが干してあるだ?!
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。