--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月31日 (17:00)

キアヌぼんは今日も元気だす2007

華やいでいた街の雰囲気はクリスマスが終わると徐々に元に戻り始める気がするのだす。年末戦線で今日も人がごった返していましたがね。この雰囲気に釣られてオラは何気に妙にシャンパンのストックを作ってしまいやして(買ったものの差し入れがあったりして開けなかったりしたので)、いつでもお祝い出来る状態なのだす。
ライトアップされた区庁舎
写真はクリスマスと年末用にライトアップされた区庁舎だすよ。


それはそうとキアヌぼんは今日も元気に飛び跳ねているわけだすが(連写モードで撮ってみたダス)、
かなり動的なキアヌぼん

基本的には落ち着きつつあるようだす(どうも歳をとったということらしいダス)。
眠いながら元気なキアヌぼん
飛びついて来て肉球でパフっという技を覚えたのもある意味性格がよりマイルドになったからなようダス。

何もなかったようで今年もごちゃごちゃしていたわけだすが、来年はどういう年になるダスかねえ(ハナから大変そうな感じがするのだすが)。

あーこりゃこりゃ、ととりあえず2007年はこれで終わりなのだす。
さりゅー。
スポンサーサイト

2007年12月30日 (22:40)

君子必慎其独也,小人閑居為不善

うーむ、オラは所詮小人だというべきダスかねえ。この年末の感じだすと。。。

君子というか精神的君子と言うか精神的貴族を目指したいのだすが、行動が伴ってないわけダス。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月27日 (00:01)

メールアドレスの行方

何となくこの1年を振り返ってふと気付いたことがあるのだす。

たまに、というよりかはもう少し頻度が高く「メールアドレスを教えて」と向こうから言ってくるにも関わらず何も音沙汰が無かったのは一体何なんだったんだベカ?

別にオラ的に興味がそれほど無い相手との話なので放っておいてもいいのだすが、どうも似たような事例が重なると、何かオラの記憶違いで間違ってメールアドレスを教えているのか?とか心配になったり、何かおらがしそこなったことがあったんダベか?とかと、ちょっと気になったりもするわけダス。

こっちからは相手のアドレスは聞かずに「送ってくれたら返すべよ」というのが、いけないんダベかね??こちらから連絡取りたい相手のはキッチリ聞くわけだすので、要は逃がした魚は大きい的に感じるだけだと思うのだすが、、、

それにしても謎ダス。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月26日 (01:38)

膝乗りキアヌぼん

極寒と言うほどでは無いのだすが、寒い今日この頃ダス。なんせパリ郊外なんて池が凍っているダスからのう。

膝乗りキアヌぼん
で、キアヌぼんはオラの膝の上に乗ってゴロゴロと寝るわけだす。


でも爪が痛いのダス
でも、何気に爪は立ってたりするのでちょいと痛いのだす。オラがいつも膝掛けをしているのは膝が冷えるからもあるのだすが、同時にキアヌぼんがいつよじ上って爪を立ててもいいようになわけだす。


なんだか、じっさまと老猫の話みていだすのう。

あー、こりゃこりゃ。

2007年12月20日 (00:59)

カエルツボカビ症感染

どうもトラックバックも受け付けていないようなので敢えてリンクはしねえけんど、某ブログに書いてある某カエル専門家から聞いたとする記事に関して、以下のリンクから補足したオラの知識によると、

ツボカビには5種類少なくともあって、種類によって致死性が高かったりそうでなかったりすることと、国立環境研究所(茨城県つくば市)や麻布大獣医学部の宇根有美准教授はすでに野生の両生類から検出”する”レベルの検査をやっているみていでやんして、奇妙な前提はとっくに崩れているんじゃないすかね?

もし何かしらの隠蔽があるのだとしてもそれはかなりマイノリティにしてパワフルな”サイド”なんだのう。確かに厄介かもしんねえべ。

オオサンショウウオにカエルツボカビ症感染初確認 兵庫・豊岡市
ツボカビは在来種カエルを感染死させる 麻布大が実験で確認
カエル悲鳴… ツボカビ、進まぬ対策
カエル致死率90%超 ツボカビ野外調査始まる

カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年12月18日 (23:32)

キアヌぼん口内出血?

以前、獣医さんに「多少、口内が荒れ気味」と言われたことがあったこともあり、なかなか口を開けて確認するのは難しいのだすが、ひょっとしたらひょっとするのでちょっとメモ。

2007年12月18日 (23:15)

UFO?

なんでUFOの日本政府公式見解のニュースが出ているのか(そんなものが国会の答弁にあがったのか?)よく分かりませぬが、ほんでもってまたなんで個人的にいるとおもっているなぞ言わなくてもいいようなことを言うのか、さらには首相がそれに対してコメントしているのか、オラにはそのユーモアか何かがあんまり分からないのだすが、UFOがいると説明が付くと思っていることが一つあるのだす。

追記もあり'07.12.26)
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月17日 (23:50)

オレンジは柑橘類なのダス。

風邪気味なオラを見て「また風邪引いたの?」「オレンジジュースを毎日飲みなさい」「自分でしぼった新鮮なやつよ」というアドヴァイスをくれた人がいたので、素直に従うことにしたオラ。

と、キアヌぼんが足下に来るので、手についたオレンジの果汁の匂いをかがせてあげようとしたのだすが、どうも及び腰になるキアヌぼんなのだした。つうか、嫌がっているダスかね?たいていは手をかざすと積極的にクンクンと嗅ぎにくるのに変ダベね??

椅子にお座りキアヌぼん

2007年12月16日 (23:08)

村上春樹とTori Amos

前者が作家で「ノーベル文学賞候補か?」とついには噂されるほどになった今や国際的にも知名度がある作家。後者は歌手であんまり日本では名前が出ていないようだすが(オラも今年になってから知ったべ)、アルバムも既に9つ出しておりキャリアとしてはそれなりの歌手でありやんす。

割とどちらの人の作品も繰り返し楽しめるわけだすので、オラ自身ファンと言ってもいいレベルにはあるのだす。そうなると段々といろいろ作品にまつわる情報も手に入れたくなってネットとかを眺めたりするわけだすな。今日は頭痛付きの風邪が直らずにいるので、寝込んだ合間にボーッとそう言うのを眺めていたのだす(そりゃそうと、せっかく年末商戦で日曜日もお店が開いているのに残念ダス)。

それで、感じたことなのだすが、、


カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年12月16日 (16:57)

オラとMacな製品

思えば、オラとマックの付き合いはそれなりに長いわけだして、かれこれ9年ほどになるのだす。一時期、OS Xに変わった直後のもたつき感に失望を禁じ得なかったのだすが、今は快適そのものダス。

以下がオラの歴代のマックだす(ラップトップのみ)。

PowerBook 5300cs (5年;大学院時代ひたすら酷使)
iBook G3 (2年;一度ThinkPadに移行したが古いデータを用いるため結局中古で購入)
iBook G4 (1.5年;性能的につらくなったG3に代わり購入;後に盗難に遭う)
MacBook(半年;盗難後、購入してもらったintelマック)

盗難にあったG4は音楽PVなどを再生するのに少し負担が大きいようだして、MacBookに移行したのはその意味ではいいタイミングだした。MacBookはDVDの書き出しが出来た方が本当は便利なのだすが、今回は買ってもらったやつなのでそれに関しては断念。まあ、外部HDでバックアップを取ればいいのかもしれませぬ。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年12月11日 (01:43)

ビックらこいたキアヌぼん

今日は朝からうちのマンションは断水だったわけダス。

でもって、オラが仕事から帰ってくるとキアヌぼんは例によってまとわりついてくるわけだすが、手洗いとうがいをしてからと思って水道の蛇口をひねるとだすね、、水道管にたまっていたのだろう空気がゴボゴボゴボと音を立てたわけダス。

と、その音にビビデバビデブーなキアヌぼん。脱兎のごとくオラの足下から走り逃げて、「ニャンだ?!」と言う顔をするわけダス。でもって、獣医さんに連れて行くべく猫キャリーに入れられた時並みの不安げな声で鳴くわけだす。

そこまでビビんなくてもいいと思うのだすが、滅多に聞き慣れない音を聞いてパニクっちゃったわけダベね。

今は落ち着いたキアヌぼん

あまりにも可哀想だったので、週に2回と決めている猫缶を今日は夕飯にあげたのだす。おかげでご覧の通り満足げに椅子に座って寛いでいる今日この頃なわけだす。

よしよし。

2007年12月09日 (15:05)

オラきあ的「売ろう物語」

司馬遼太郎の小説に「売ろう物語」というのがあってだすね、とある高名な武士(ナマズ又兵衛)が仕官するにおいて単純に給料(もしくは条件)では仕官先を選ばなかったという話なのダス。

一時は乞食並みになっても、「士はおのれを知るためのものために死す」「さすれば万石か乞食」的路線を貫いくわけだすが、幼なじみの同名の商人(柿頭又兵衛)には「値は相手があってつくもの。それを知らぬのは天道を知らずにして、真の器量人ではあらず」と酷評されてしまうわけダス。(以下、前者の価値観をナマズ路線、後者を柿路線とする)


どちらがいいかなんて言うのは人それぞれなわけだすが、オラ的にはナマズ路線の方が心情に合っているのだす。

問題は、オラ自身の才覚がそれほど引く手数多というわけではないわけだして、、、

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月05日 (00:55)

言葉って。。。

例えば何気ない一言が良くも悪くもクローズアップされることはあるわけだして、言葉の力はそれなりに認識されるところでやんす。

海外にいて、母国語以外の言葉を母国語並みに扱えないとしてもある程度は扱えた方が良いわけだして(絶対に楽しいと思うべ)、実際にヨーロッパの人々というのは3ヵ国語くらい余裕で話せる人は実はそれなりにいるわけなのだすが、逆に余裕で話せるからと言ってコミュニケーションが上手いかと言うと、実はそうではないのだす。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月04日 (00:40)

守るべきもの

何か出世街道みたいなものから外れていると結構守るべきものって言うのは無くなって来やんして、いろんなことがどうでも良くなって来たりするわけだす。

世の中なるようになるんじゃないベカ??

と言いつつ、足掻くのを止めると本当に二進も三進も行かなくなるので足掻くわけだすが、足掻いた結果がどうであれ、それは受け止めることにしやしょう。来年の今頃が相変わらず読めないとは言え、二択になっている辺りは少しマシだベね。

そりゃそうと、同じしぶとく生きるにしても他人を食べて生き延びるということだけは止めようと反面教師を見ながら思ったりもするわけだす。

アー、こりゃこりゃ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月03日 (00:03)

カエサル的思考

常々、他人に対して「どうすて、そんなことスンベか?」と腹立たしいこともあるわけだすが、「ま、この人はそういうふうにしかできねえんだべ」と思うことによって腹立ちそのものは解消されることはあるわけだすが、これは2つの意味があるわけだす。

一つには、相手の異なる価値観を一応認めることでありやんして、まあこれは異文化交流の際には(何も国の違いだけではなく、日本国内の地域性にだって当てはまるはずダベ)、実際的でありヤンす。

もう一つが、カエサル的な上からのものの見方で「対等だと思ってなければ、腹も立たない」ということでやんす。人類皆平等、的な思考を受け付けられていたからだべか?いまいちオラはこの後者の思考法に馴染めなかったわけだすが、何となく最近そう考えることによって心の平穏を得ていることに自分で気付き始めたわけだす。

いいのか悪いのかを結論づけられるほどには思考は煮詰まってもねえわけだすし、自分が偉人には程遠いのも認識はしているつもりなわけだすが、なんでそう偉そうに考えられるようになったかは自分でもよく分かりませぬ。

他人の欲望に対して何らからの寛容さを持てた先に悟りのようなものがある気がするのだすが、そこに至ることが出来るダベかねえ?

なむなむ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年12月01日 (00:29)

狂犬病に耐えうるキアヌぼん

狂犬病に対するワクチンを打ったキアヌぼん。血液検査の結果、基準値をクリアしているので、とりあえず狂犬病には耐えうる体になったことが証明されたわけダス。
   17.7IU/mL > 0.5IU/mL(最小基準値)

狂犬病に耐えうるキアヌぼん

あとは実際に狂犬病にかかってないか?などの待機期間を経ればよその国に行くことも可能なわけだす。飛行機の旅大丈夫ダスかね、キアヌぼん??
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。