--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月27日 (00:55)

サマータイムが終わったわけだす

フランスでもイタリアでも、この週末の夜中をもって、時計を1時間早める、つまりサマータイムは終わりを告げ、本来の時間に戻すことになったわけだすが、オラは割とこの制度好きなわけだす。

朝はやはり徐々に明るくなって始まって欲しいわけで、7時をもって未だに真っ暗だとどうも起きようと言う気力は減少スルベよ、やはり。んなもんで、サマータイム終了とともに時間を1時間戻して、今まで8時起床なら何とか対応出来たオラがそれがそのまま7時起床として通用するならばそれは賛成なわけダベ。

逆にサマータイムと言うのは、朝明るいのにまだ早朝だったら、なんとなくまだ寝とけ、的な気分になり、でも明るいから寝れねえ、ってことになるわけだして、1時間早めてもそれなりに起きようと言う気に障害はねえわけだす。

エネルギー節約とかそういう問題ではなくて、気分的な効果っていうのは意外に無視出来ないわけだして、数値化しづらい分、評価もしづらいと思うベガ、それは計算によって算出しがたいポジティブな効果だとオラは思うのだす。
スポンサーサイト

2008年10月26日 (22:45)

置きものチックなキアヌぼん

棚の中のキアヌぼん1
ごろごろにゃん。

2008年10月13日 (12:15)

オラとキアヌぼんと寝袋

ようやく新しいアパートを見つけたオラなのだす。

何故にオラが眺めのいい部屋を出る羽目になり放浪するに至った事情と言うのはさておき、そんな事情なんて分からないキアヌぼんにとってはただのいい迷惑なわけだす。あちこち連れ回される放浪生活に加えて、キアヌぼんにとっては知らない人が出入りする環境だと言うのが多少ストレスの元だったようで、、、

どこに行っても、まずは隠れるキアヌぼん(たいていはベッドの下)。。。おなかがすいて出て来てモシャモシャと一息つくと、一見ご機嫌にウロウロするわけでこちらとしては一安心なのだすが、初日は必ずと言っていいほど夜中の3時頃に不安げに鳴いて部屋中を徘徊するというのがキアヌぼんの放浪生活の常だったのだす。

寝袋にくるまるキアヌぼん

2008年10月08日 (20:15)

春樹どんは続くべか?

朝、地下鉄で配っている新聞でフランス人の受賞を知り、なんとなく(例年はそんなに関心を持ってみないものの予感があり)、昨日はリアルタイムでお昼前の物理賞の受賞アナウンスを見たもんだすが、さすがにピカピカ光る物質での受賞は予期してなかったわけだす。

オラのどんよりした気分も何故だか晴れやかになり、オラはやりたいようにやっていればいいと妙な確信を抱いたりもした今日なわけだす。

で、だすねえ、これで村上さんちの春樹どんが続いたら、そりゃぶったまげるべな。どきどき。。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。