--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月31日 (19:05)

行く年2009, 来る年2010

皆様、明けましておめでとうございますだ。

おらがパリでバタバタしているうちに日本では2010年が明けちまいましたのう。平成だと何年だすかね?もはや覚えてないのだすが。。

えーとだすね、おらはとある記録を付けるのに年号の下二桁から始めて例えば2009年12月31日ならば091231と表記しているわけだすが、初めて000107みたいな感じで記入していた頃にはこそばゆい感じもしたとはいえ、しばらくすればなれてきたわけで、、、これからは100107みたいな感じで書くことになると少しまたこそばゆいかもしれんのう。

そんな年始なのだすが、1/2から海外出張が入っておリやんして、多分年始の挨拶頂いても返事は1週間後くらいになると思いますだが悪しからずや。実は学会に参加なのだすが、発表もさることながら、何気に4つ星ホテルに長々と泊まれることの方が嬉しいわけだして(貧乏性?)、久々に浴槽に浸かりーのフカフカのベッドで眠りーのがとても楽しみなのだす。

ポスターは流石に刷り終わっていてもう手元にあるわけだすが(しかも作るのに3日しかかからなかった最後の”未来予想”図がとても自信があるわけだして人々の反応を聞くのがワクワクなのだすが)、トークの準備がまだだして、、さすがに今回は練習をするとは思いますだが、誰かの前でやるのを相変わらず怠ってまして、この点は2010年は改めたいと思うわけだす。うーんでも、生涯こんな感じで行くような気もしてきただ。

flashed_keanubon2010

とまあ、そんなバタバタしている状態でキアヌぼんを撮影したらうっかりフラッシュを焚いてしまいやしてねえ、お目目がPhotoshopで加工もしてないのにバッチリ塗られちゃっているのだす。で、なんとなくblogなんかに時間を費やしている心の余裕がないので、とりあえずこんな簡単な感じでおらキアからのご挨拶とさせていただくだすよ。
スポンサーサイト
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2009年12月30日 (00:52)

熟成

ここ2年ほど、何となく物事が進んできたんだけんども、要は次の一手があんまり思い浮かばなかったということだべ。ちゅう停滞楽だったんだけんども、ここ1ヶ月ほど何か先が見えるようになってきてよ、なんかロードマップが蘇って来ただ。このまま行けば不惑の40になれそうだべよ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月27日 (23:23)

栄枯盛衰

中国で曹操のお墓が見つかったっちゅうニュースを聞くとわくわくするわけだすが、その一方、栄枯盛衰を感じさせなくはないわけだす。

ローマ帝国の頃の話にせよ、三国志の時の話(フィクション化されているとは言え)にせよ、どうもそのエピソードに触れるにつけロマンを掻き立てること掻き立てることって感じなのだすが、今のイタリアと中国からかはいまいちだすのう。

日本史では、何故だか前述の二大国とは感じが違うのだすが、やはりロマンを掻き立てられるのは強いて言えば幕末辺りになるだすかねえ。で、やはり第二次世界大戦頃までのいろんなエピソードもそれなりになにか心を動かすものがあるのだすが、どうもそれ以降は頑張っているのは分かるんだすが、なにか心にときめくものがないのだす。なんでだべ?

頑張った”遺産”としての日本人への高評価(つうか先入観)は今もなお有効な一方、なんだかそれを食いつぶしている様な気がするときもあり、申し訳ないけれども、それは海外進出してそこへ根付いたいわゆる一般ピープルのせいだろうなとも思うわけだす(別に個人の幸せを追求してそれぞれの地で落ち着くのはいいとして)。結構現地で知り合い人にふれていると、「これをもって日本人であると言って欲しくない」的な人が多いのにたまにゲンナリするわけでやんして、この1年間とみに日本人とは海外でほとんど接触しなかっただべね。

そんなこと言ってても、おらも高潔な人間とは程遠いわけだすが、国内外の日本人の実際と妙な日本人に対する高評価のギャップに戸惑うこともありやんして、まあせめてその日本人に対する幻想のようなものを「斯くあるべき」と受け入れられる時はそれに向かって努力する方向では一応いるのだす。基本的には。

てなことを思っている日常が一応はあるのだすが、国内の下衆な人物の行動(下手すりゃナポリ人よりひどいべな)を知るにつけ、アンチテーゼ的にも自己強化したいと言う思いがここ1週間でより強くなりやんして、来年の目標はそこら辺におこうとぼんやり考えつつ、今年の残り1週間を過ごそうと思う次第だべ。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月26日 (16:08)

カキクキされてニャヒニャヒなキアヌぼん

まあ表題の通りなのだすが、

それはそれとて、おらの海外生活と言うのはあくまで付随的なものでありやんして、別にそれ自体はどうでもいいのだすが、表題の通りに言ったところで誰にも理解してもらえないと言う点は(しかも、おらも外国語でどう表現したらいいか分かんねえしよ)、おらがblogを続けている理由の1つだべよ。

かきくきキアヌぼん

ま、日本語は分かるけんども、おらが書いたことは分かんねえ、と言う人が、日本人にもいることはいると思うんだべがよ。

2009年12月26日 (13:04)

芸能レポーターを政治記者に回せばいいのにのう。

なんか政治家に対してインタビューする人達っておとなしい印象があるのだすが、、、

というのも、とある質問をして、政治家がムッとした感じで「どういう意味だ?」とか「君、ホニャララは知っているか?ほう、知らないのか。」とか答えたら、

「これこれこういう言う意味です。どう思われますか?」とか、「知りません。説明してください。」とかツッコミ返せばいいのに、編集で切られてしまっているのかもしれないけれども、黙ってしまうことが多い気がするのだす。記者クラブとかの問題なんだすかねえ?

それに比べると、芸能レポーターの質問は、別にそこまで聞かなくてもいいべよ、ってなくらい、ネチネチっと突っ込んで後を追って聞くわけだすよ。

ひっくり返すとちょうどいいんだべが、と最近よく思うのだすが、まあ首相の選択も含めて国民の民度なるものを反映しているのは間違いなくて、国民の政治に関する関心がより高くなれば、そうなっかもしんねえべな。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月16日 (00:40)

たかが一政党の一幹事長ごときが

(動画は重いので裏に回しただす。多分テレビ局の方でもわざとYouTube上の動画を削除申請してないように思うのだすが、関西テレビのアンカーというニュース番組が割と硬派な感じでいいだすよ。ちなみに有力スポンサーの一つはカマボコ作っている別寅だす)

構図としては、アメリカに不興を買い、中国の歓心を買っているような感のある現政権なのだすが、

もう一つ、鳩山イニシアティブなるものを本当に(?)打ち立てたいような鳩山首相が出席した先日のCOP15絡みでアメリカと中国がそれぞれ世界の全排出量の20%ほどを占めているそうで(つまり2国で40%)、これらが組み込まれていない京都議定書がとやかく言われるのはまことにもっともで(さらに日本国内からは排出権をお金で取引出来ることから日本がそれを払っていたという批判があるわけだすが)、

というのを前提に考えると、中国がキーであって、まあ何とかしたいわけだすが、ご機嫌取りでなんとか出来ないかねえ、と、もし小沢さんが考えていて、それを鳩山さんの”友愛”路線に乗っけているだけのように見せかけておいて、裏で日本のためにやっているのだとしたら、いいだすがねえ、とおらは密かには思うのだす。

で、まあそれを言ってしまったら、中国がその気にさせられることはないわけだから、絶対に表には言わない、、ってことがあっても可能性としてはおかしくないのだすが(無理仮解釈してみただすが、えーっと、穴はないだすかね??)、

でも、やっぱりそんな大層なことを考えていないんだろうなあ、というのは、、、

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月15日 (02:09)

さぶ!

今朝はめっきり冷え込みやして、寒波!ちゅう感じなパリなわけだすが、何気に北北西の方は5Cくらい気温が高いようだして、こんなに冷え込んだらもはや卵の調子はもたんべな、と思いつつも、ひょっとして?と思ってしまうわけだす。

と、今年最後になるかもしれないエレポをして今帰ってきたおらなのだす。晩御飯が自販機の一袋50セントのポテチが二袋だったという超健康に悪そうな状況にもめげず。。。。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月13日 (00:59)

おしり隠して頭隠さず

ジャーンプして、、ひょい。

2009年12月09日 (01:31)

なんか状況が似てきてるベヨ。

そんなにおらが必要ならばそれなりの待遇は示してもらいたいものだす。

別にVIP待遇してくんろ、とは言ってないのだす。ただ、そこまで要求はしておく一方、相応の見返りが標準以下、という辺りがフェアではないベヨ、と思うだけでやんして、ならば他を当たってくだせえ、ということなのだす。

割り切った性格のように見せかけておいて、ズルズルと交渉に入るのはおらの本意ではあるませぬ。

何だべかねえ_キアヌぼん。

つうか、ねえ、おらはカウンセラーではないので、そこまで緊張を強いる関係が容易に想像できるのに、それを敢えて取るというのはないわけだす。つうか、敢えてこちらも「あんたにゃ、オラは扱えねえべ」っていうのを言わずに、やんわりと断りを入れているわけだすから、「来てくれないと困る」言われても困るのはこちらなのだす。

ま、反応というか、勘ぐりがどうも下衆というのも鼻につくのだゲス。以前にも一度となくあっただすなあ、こんな状況。「しょうがねえべかねえ」と受けた途端、ジャイアンと化すわけだすから世話ねえべよ。

なんかこういうのって別れの前にも似ているだすな。

のう、キアヌぼん。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月08日 (01:02)

そういや売ろう物語を完結させてなかったべな。

「あのだすね、きあぬぼん。
 まあ3年と3ヶ月を天秤にかけたら普通は3年を取ると思うのだすが、、、

餌待ち眠りなキアヌぼん1

 おらは3ヶ月を取ったのだす。」

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月05日 (00:57)

ninjaしたり、skypeしたり。

この前エゲレス人と話していたらよ、「ninjaは動詞として使われている」つうんで、聞き返してみっとよ、例えば暗殺したり隠れちゃったり忍者っぽいことをするときに文脈に応じて使える便利な動詞らしいべ。なんと三人称ではきちんとsをつけてninjasになるそうな。ふむ。

まあこれは日本語の名詞が英語の動詞になった例だべが、フランス語ではskypeがskyperという動詞として活用して使えるようだす。外来語のコンピュータはわざわざordinateurと言い直しているのに(イタリア語では割とcomputerで通用すんべ)、まあ若者言葉はもっと多様だということだんべね。

日本語も適当に乱れちょりますだが、まあ外国語も似たようなものだんべ、という話しだした。

2009年12月03日 (22:16)

google日本語入力はオラオラ語にも対応できるようだす。

まあ普段の読者は御存知の通り、おらキアは妙な日本語で書かれているわけだすが、Mac付属のことえりだと結構変換がめちゃくちゃになるので、おらのことえりの辞書は相当に変な風に鍛えられているわけだす。

が、今回発表されたGoogleの日本語入力ソフト(名前はまだない?だすかね)は、それなりに滅茶苦茶なオラオラ語にも対応しているようだす。すげえべよ。

Suggestion機能が多少うるさい感じがしないえでもねえのだすが、ついでながらそれのおかげでもたつく感じが多少するのだすが、ことえりの妙な場所で文節を区切るストレスに比べると総合的にはストレスは少ない気がしている今日このごろだす。

あんまりネット上の流行言葉が文書作成中に出てくるのも何だべか?という感じだすが(特に半角カタカナ文字)、まあ合格点を上げてもいいんじゃねえだすかねえ??とりあえず無料なので興味のある方はぜひ使ってみておくんなせい。



カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2009年12月03日 (21:39)

どこかがおかしい日本、過大なる期待、難解な人物、シンプルなキアヌぼん

麻生さんとは比較にならないほどの大金持ちな鳩山さん。急に宝くじ当てたわけでもねえのに、何故に今になってそのお金持ちぶりがフィーチャーされるかと言えば、やはり首相になったからなんだべか?

でも、民意がどうのこうの、と言っていた人が、自分は恵まれた過程に育ち経済感覚が大らかだ。。。。というのは違和感が拭えないのだすが。。

ま、仕事をしっかりこなしてくれていれば、献金問題でとやかく言ってそのエネルギーを使わせたくねえとかも思うのだすが、何となく期待はずれ感があるんではないだすかねえ?何故に外国籍の地方参政権に高い優先順位を付けるのは謎だして、ついでに長妻さんをたしなめるのもなんだすかね?仕分けはあくまで目安だったはず。。


とかいうのは置いておいて、最近とみにバックアップを受けている感があるのだすが、どうも描いたシナリオ通りには物事は進まず。多分その一因としてはおらがその過大な期待を背負い切れていないことにある気もするのだす。むう。結構今のおらは本当にゴムがビヨーンと伸び切った感じだして、まとめてドバーッとやるようなことを計画しても、体が付いて行かねえのだす。

それはそれとて、一方、先方においてもストレートな物言いが信条のはずの人がyes or noで答えられる質問を実に回りくどい言い方で出来るだけ触れないという事実に薄々気付きつつも、やはりそうだったべかな?と言うのが見えて来たのが今日の出来事。おら的には距離を置いた方がいいと思い始めた次第。絶対おらのことを抑えられねえべよ。微妙に突っ込みどころが満載なんだすよねえ。


みたいなことをぐるぐる考えていたりするのだすが、うちの天才猫キアヌぼんにおいては、実に物事はシンプルで、とりあえず餌、暖かいねぐら、と、カキクキしてくれる手があればオッケーピョんってな感じなのだす。

上を見上げるキアヌぼん
君は何を見る猫ぞ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。