--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月30日 (22:50)

キアヌぼんは抱っこがお好き?だったべか??

夕ご飯が食べ終わったキアヌぼん、ニャーンニャーンと呼ぶので、近寄って「どうしたべか?」と聞くと、そのままスタットおらの腿の上に乗ってくるのだす。

ん?

そのまますたっとおらの方の上によじ登ってくるわけだして、おらはだっこすることになったのだす。

いやまあそれはいいんだすが、君、そもそも抱っこされるの大嫌いな猫ではなかっただすかねえ??満足そうにだっこされているのは一体どういう心境の変化だべか???

謎。

スポンサーサイト

2010年03月28日 (14:21)

海外において詐欺的商法に引っかかった際の心理における考察、のようなもの

どうも海外で暮らしていると、出会う人々(特に日本人)の中には、「詐欺(もしくは法外なサービス行為)にあっているんだけれども、それと認めたがらない人」というのがいるのだす。

別に"ひっかかる”こと自体は不思議でも特別なことでもなんでも無いわけだすが、だいたい分類していくと普通は以下のようになるわけだす。
1)ぼられたけれども、まあ我慢の出来る範囲なので、捨て置く。
2)ぼられたけれども、で、結構痛いけれども、太刀打ち出来ないので泣き寝入りする。
3)途中で気づいて、損害を最小限に抑える。

別に、ぼられる事を前提条件にしなくてもよい訳だすが、分かりやすいかと思い、そういうことで考えていくとすんべ。で、幾パターンあろうと、根本的には何かバランスが合わない取引をしたことは認識しているのだす。

おらが問題視しているのはだすね、これに当てはまらない状態、「そういう法外な請求をされている事自体をなかった事にする」心理、なのだす。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年03月25日 (23:24)

定位置

どうもキアヌぼんが見あたらないので一瞬焦ったおらなのだす。

つうのも、春めいてきたので、窓を開けておいたわけだすが、どうも定位置にみつかんねえべ、、、って言っても、定位置は4箇所くらいあるわけで、加えてベッドの下とかもあるわけだすから、すぐには焦らねえものの、見当たらないッちゅうことになると、まさか?!とか一瞬思ってしまうのだす。

ほかほかキアヌぼん

2010年03月22日 (22:03)

占いが当たったんだべか?

その日の占いによると、おらはモテモテらしかったべ。「恋愛面で幸運の多い1日。精神的なゆとりも生まれ、異性と活発な交流が楽しめそうです。また、今日だけで数件のデートの予定が入るかもしれません。今日はあなたの思ったとおりに行動してもOKです。思い切り楽しんで。」と言う感じ。

で、実際、異性と活発な交流を果たし、電話番号も手に入れたのだす。まあ楽しかったといえば楽しかったのだす。「ebiさんの話は本当に面白くてためになるわあ」なんてまあ滅多に言われないわけだして、占いは当たっていたといえば当たっていると言えるだしょう。

が、、、

2010年03月21日 (13:33)

悶々な休日(前半)

間が抜けていたり、見る人から見ればいい加減なこともきっとやっているかもしれない、こんなおらなのだすが、一応サイエンティストの端くれだすので、一通り勉強した暁には、何が正しいもしくはもっともらしく、何が間違いもしくは疑わしい、ってことは判断がつくわけだす。

で、一通り物事が見えてきたとなった今において、自分の所属する研究室が間違った物の見方をしていることに気づくと、とっても大変なわけだす。よその研究室だったら、「ああ、あそこはいい加減だのう、まったく」で済むわけだすが、身内だと逆に「なんで、お前はそんなことを言うのだ。(上司であるところの)俺や仲間が信用出来ないのか?」みたいな感情論も絡んでくるわけで、まったく面倒なのだす。

yes か noかで問われたら「信用出来ません。」と答えざるえないべな。

ある程度は別に見過ごすことが出来るレベルというのが世の中にはあるというのもおらは分かっているつもりではあるのだす(まあ、せいぜいうっかりミスだべね、とか、当時の解析レベルでは詰め切れなかったってことで解釈もしようがあるので)、

が、ちょっと根本的に違ってくる話に直結してくるとなると、で、かつ、それがためにおらのパートがストップしているとなると、ちょっと悲しくなってくるわけだすが、それでもめげずにそれを補おうとしていても端から見ていると停滞しているように見えるわけで、どうしてそういう状態なのかを説明すると、「なぜ、そんなことをほじくり返すんだ?」とかいう論調になるのだす。で、決まり文句は、「その仕事はxxが卒業間際に急いでやった仕事だから」とか、「マウスを使った実験ではそういうことになっているから」とか。考察として対比するなら分かるだすが、推定される結果をそのままあやふやな結果を一致したように見えるからと採用するって言うのは、、「ある一定の質を満たさない限り、公表しないつもりだ」というポリシーと真っ向から違っているように思えるのだすが、、、。

大体が、間違だと事前に分かっていても、学生に博士論文として発表してすることを許してしまったのは、それが既に修正を今さらするには難しい審査会2,3週間前に判明したことなので、まだ心情的には分からなくもないだすが、さらに、それを外部で発表することを許しているとなると、それはもう確信犯なわけだす。正直ナポリ並だべよ。

って言う目で、もう一度さらい直してみると、出てくる出てくる。。。どうしたらいいべかね、おら。


いや、だけど、おらが言い出さずとも、あんたのところの仕事は10年立たずにして塗り替え始められていることに気づいて欲しいのだす。が、、、感情は、それを許さないのだしょう。おらがいる科学業界は、科学と言っても、非常に限られたピラミッドの末端くらいな部分で、科学のを全体を見回すとその手の事例は淘汰されて行くようにはなっているはずなのだすが、、、。それは社会全体として悪がなくならないのと同様、ゼロには決してならないのだす。

なので、これはもう第三者に判断をしてもらうべく資料を作成するしか無いべ、と悶々として日曜の午前中を潰してしまったのだすが、他にもやることあるんだったべな、と気分を切り替えて午後は過ごそうと思うのだす。


やれやれだべよ。


2010年03月19日 (23:35)

春眠暁も覚えず

暖かくなってきたせいだとは思うだすが、おらの方でもちょっと一仕事やりとげてホッとしているからかもしれないからだべか、キアヌぼんは再びおらの上で寝るようになったのだす。

で、これは確実に暖かくなってきたせいだと思うのだすが、少しキアヌぼんの活発度が増してきたのだす。

春眠なキアヌぼん

とか言いつつも、まあキアヌぼんは今日も相変わらず、基本的には、ぐうぅぅぅなのだす。

2010年03月19日 (17:14)

とうこうちゅう なう

あっぷろーどに時間がかかっぺよ。

(で、かんりょう なう)
なんだかんだで、それだけで1時間半かかったぺよ。
本当は、一晩寝かせて推敲したかったべが、締切破ってたので仕方がねえべ。

べよべよ。

2010年03月18日 (23:55)

待ち人来たらず

ならば自前で前に進むしかあんめえ。

うっかりと何も考えずに、ま、いっか、とやってしまったのが、仇だった気もするダベが。
ま、いっか、としておくしかあんめえべ。


それはそうと、相手の独り相撲でおらが何か変な立場に置かれて行くというのは一体どうしたらいいだべかねえ?ご機嫌とってアヤしてあげりゃあいいんだべか?なんだかおらは非常に疲れただ。

2010年03月13日 (18:33)

本当に堕ちそうな王国。

正直だすね、欲をかいたときにナポリ人が見せるある種の白々しさや、そう見せかけておいての欲望丸出しのドロドロみたいのをだすね、あんたが呈するところは見たくなったのだす。

今、ギリギリのところで、とどまっているだすが、マグマの吹き溜まりがポコポコいっているのが目に見えるべよ。

おらもギリギリのところで綱渡りをしていた時は、あれやこれやと吹き込まれてブレただしょうが(綱を足を踏み外す恐怖感から来る疑心暗鬼って奴だべね)、「ま、転げ落ちたらそれまでよ」と腹をくくっている今となっては良く見えるんだすよね。相手の真意が。

踏みとどまってくれると、お互いに次のステップで利益を得られると思うのだすが、「今を生きる」のが基本なヨーロッパ人はどう行動すっペかねえ。


2010年03月08日 (23:59)

よたり気味?

のう、キアヌぼん。
ふくよかなキアヌぼん

2010年03月03日 (02:07)

デンタルフロス

やっぱりキアヌぼんがカリカリを食べなくなったのは、歯に異常があるからの可能性が高いべ。歯が痛いから、ウェットフードが良く、ウェットフードの方が歯垢がつきやすく、、って言う循環かも知んねえべ。

右側、歯が長い方、が少し触ると痛いみてえだ。ひょっとしたら歯槽膿漏気味なのかもだ。つうか、今ネットでざっと調べたら歯周病かと思われ。抜歯になっちゃうべかね?すまんだ、キアヌぼん。振り返ってblogをチェックしたら2007年の10月11日には右の歯がちょっぴり長いことに気づいているだ。これは予兆だったはずだべ。むう。

前からガーゼでふき取り作戦を試しているんだべが、どうも抵抗が激しく効果がうすいので、歯垢を出来るだけとるべくデンタルフロスを使ってみることにしたのだす。とりあえず紐替わりにあやして、、それにかぶりついてくれればもうけもん、っていう形で毎日歯のケアをちょっとずつやるしかねえべね。一応、デンタルフロスが臭くなるので、、ゼロよかましだべよ。


獣医さんも、結局は歯磨に慣れない限りすぐにたまるから、って、言う事だすしね。ちょっと歯のことは再度真剣に相談に行くべ。


2010年03月01日 (23:14)

春なのに~。

てな歌があったと思うのだすが、特に何も無いわけだす。

でも春めいてくると気分はそれなりに良いわけだして、おらという人間ちゅうのはいささか単純に出来ているようだす。

どうもあれこれひっくり返していると、そうそうこんなこともやっていたべな、ということにわれながら気づくのだす。と、同時に如何に戦力分散の愚を犯していたかが分かるわけだす。処理速度が遅い、、というのもなきにしもあらずなのだすが、よーく考えるとそんなに人と比べて劣っているわけでもなく(ずば抜けているわけでもねえのだすが)、なんか無駄働きと言うか、誰の得にもなってないという辺りが最悪だして、なんだかのう。。。で、結局は屍累々になっているのが自分だと言うただそれだけのことだけなのだしょう。それを世間一般的には間抜けと言うのかもしれないだすが。

そんなこんなをふと思っている時にまたふと思ったのだすが、過去のことを振り返ったりするのは実は弱っている時なんではねえべか?と思わないでもねえのだす。じゃあ未来を考えていても、綱渡りの綱から足を滑らせる可能性は常にまとわりついているわけだして、で、最終的に野垂れ死にするんではねえべか?とおののいたりもしないでもないだすが、まあどう転んでもそこら辺で落ち着くのだとしたら、せいぜい積み上げるられるものは積み上げたいと思っている今日この頃だす。


それはそうと、うちのぼんぼん君におかれましては、そう言えば随分長いことベッドによじ登ってこず(多分1月中旬くらいから)、このままおらキア的春に突入する気配だす。ひょっとしたら、おらがピリピリしている分、のんびりと出来ないのを見越してだったりもするのだすがのう。ところで、2004年の2月頃2,3歳だったキアヌぼんは、2010年においては8,9歳くらいだして、まあそろそろ人生の折り返し地点を過ぎたかもしれないだ。。健康には気を付けたいと思うべよ。


プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。