--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月30日 (21:50)

春雷、ゼロ距離攻撃。

- 春雷。あんまりキアヌぼんは雷は怖がらなかったと思うのだすが、、いかんせん、雷が鳴る夕方ごろはおらがいない時のほうが多かったわけで、何してたかはよく知らなかったことに気づいただ。まあ、そういう季節が来ただべよ、キアヌぼん。

- 珍しく他人に嫉妬という感情を覚えただ。つまり”成りたい自分に成れない”症候群の発露だべ。おらもまだまだだすのう。ま、おらは自分の出来ることだけをやるだけだすな。

- 腑に落ちねえシリーズ。なんか未だに世の中では外部被曝と内部被曝は同等として扱っているわけだすが、エネルギーが一緒でもややこしさは違うと思うんだすがのう。絶対量としてはどのみち危険なレベルではないから放って置いてもいいわけだすが、同等、っていう説明はなんか腑に落ちねえ、、、ってことだす。
スポンサーサイト

2011年03月29日 (01:32)

主語が違うんでねえかい?

もはや、福島の原発の話は日本だけの問題ではない、、っつうことは、諸外国に応援を求める=日本政府が動く、時だと思うべが、どうもそういう風になってねえのは気のせいだべか???

日経新聞によれば、「東京電力が、仏企業や仏原子力庁に、支援を要請した。」ということだすが(引用は下記参照)、これって日本政府がフランス政府にお願いすべきことなんじゃねえべかね?(企業秘密的なものも含めて)。このような状況に及んでの今なお一企業---しかもその収拾能力が非常に疑問視されている---に対応の主導権を委ねているのだべか?

先の「撤退は許されない」発言(下記の毎日新聞の記事参照)を聞いてしまってっと、ついでながら口蹄疫の対応を見ていると、どうもシワ寄せすることで収拾つけようとしている傾向が感じられるんだべが、そんなんでいいんだべか?と思わずもいられないのだすがのう。実際のところ、政府自体が何かのコネクションを持っているようにも思えず、動ける人が動いたほうがいいんだすかねえ?でも、国vs国の交渉は政府の仕事だっぺよ、普通。”弱腰”外交すらしてないっていうのは、そういうものなんだべか??

2011年03月28日 (00:55)

雑ごと、あるネット番組。

- 夏時間。

- 右側偏頭痛続く。むう。ストレスだべか?ご飯食べに行ったらちょっとは軽減した気もするのだすが、その代わり、フランス語だけだったので頭が疲れただ。

- 久々に昼寝をしただ。お腹に乗りに来ないのがちょっと寂しいだすが、なんとなく一緒に寝ている気がしただよ、キアヌぼん。

- 昼寝以外にも今日はゴロゴロモード。

2011年03月25日 (23:22)

未だに腑に落ちない2,3のこと。

あのだすね、正直、おらもイソジン・ネタには引っかかったんだすよね。ついでに言えば昆布を食べろと親にも勧めたわけだす。ま、それはとりあえず効かなかったら効かなかったで害はないと判断したからっちゅうのもあるんだすが、まったく意味が無いことだったと理解したのは3,4日後くらいだっただ。

まあそんなおらが、おらキア口調で書いていたりしているからって言うエクスキューズ付きで適当に書きちらしているblogなわけだすが、で、現に修正したほうがいいべな、と思うところもある一方、忙しさにかまけてうっちゃってあるわけだすが(例えば、120cpm=1uSv/hr換算したほうがいいとか)、まあいろんなおかしなことをいろんな肩書きをつけて広めている人たちもいやんして、まず思ったのが、、、自戒も込めて「生兵法は怪我のもと」なわけだす。

1)生兵法は怪我のもと
 下記の引用元はおらキア的にはおかしいと思っているわけだして、おらキア的には引用元を参考にしねえことをおすすめするだす(ご本人には申し訳ねえだすが)。

「ただし、乳児でも自然界から浴びている放射線量は世界の平均で年間2.4mSvです。先ほど計算した210Bq/lの水道水を1l飲んだ時の放射線量は、0.00462mSvで、2.4mSvに比べると非常に小さな値であることを知っていただきたいのです。」
引用は、松永和紀blog内エントリー”適切に怖がりつつ安心して食べるために~自分で計算しよう!” http://blog.goo.ne.jp/wakilab/e/bd31dc95883dafbff426c3eca673eb24 より。

ずーっと説明を続けてきて、何故に(おらのぼんやりした頭でも何かおかしい、とすぐに気づくほどに)、、年間の自然に受ける外部被曝量と、放射能ヨウ素を含む水1Lを乳児が飲んだ内部被曝量、とを比較すんだべか?比較すんなら、赤ん坊が1日0.5-1.0Lの水(粉ミルク)を摂取するとして年間365日をかけた0.843-1.686mSvだべよ。確かに2.4mSvよりは小さいがよ、”非常に”小さいわけではねえし、甲状腺についての基準と比較しなくては意味無いべな。

適度に怖がりつつ、って言う趣旨自体はいいとは思うのだすが、こんな記事を書く人が科学ライターを名乗っている方がよっぽどこわいべよ。略歴見たら、西高卒&京大卒の修士持ちっちゅうのもこわいべよ。うーむ。おらの偏見プロファイルからすると相当に外れ値?

ま、この人が誤解に基づいてblogのエントリーを書いていることは多くの人が気づいているようで、その点は安心だっぺよ。ん、ひょっとしたら、この人は”自分で”計算することを示すためにわざと間違えったっていう可能性もあんべな(冷笑)。

あとプラスアルファとして、おらが個人的にちょっと思ったのは、水が良くても粉ミルクが汚染されてたりすっと、もっと悲惨だべ、だからサーベイする指定商品には粉ミルクを是非組み込むべきだべよ、等々。

2011年03月23日 (22:15)

気になる情報に辿りつくかもしれないサイト

- たまたま見つけた個人のblog。多分この手の人は恥ずかしがり屋さんなので、敢えてリンクは貼らねえだ。コピペしてくんろ。この人のblog中のリンクで以下のサイトが分かっただ。
http://blog.goo.ne.jp/chemist_at_univ/e/f2aa6440349ac6a27f76807e6a0b444f

- 財団法人原子力安全研究協会による「緊急被ばく医療ポケットブック」のサイト。
あくまでも事故で被爆しちゃった場合の緊急用なのだすが、それなりに読んで参考になったサイト。今さらだすが、細切れで流してある情報のまとめサイトよりは基本をしっかり知った気になれるだよ。なんでイソジン---"がせ"ネタなのに一時的に広まっていた---でが効かないかもよく分かっただ。
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/index.html

例えば、
- 内部被曝に関する線量換算係数。
 まあ計算できたからって何?って言われるとそれまでだすがね。
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html

2011年03月21日 (00:47)

何故に"専門家"や”学者”の説明を聞いてもすっきりしねえのか?

水における放射線量の記録も行政側で出し始めた今、おらも内部被曝のことを調べてはいるのだすがね、まだ自分で納得出来る答えは持ってねえだ。でも、どうも調べてもすぐにはすんなり分からねえのだす。誰もそれに対して”こうだ”って言えてない気がすんだすよね。


1)そもそも誰にも明確な答えは分からない。
 難しいのはだすね、どういう風に放射能物質が取り込まれるかが結構多様すぎて一定の見解を出しにくいから、っていうのは間違いなくあると思うのだす。

考えても見て下され、背を伸ばしたくて一生懸命牛乳飲む人がいるだしょう。それが効果あったという人もいれば、毎日おなか壊すまで飲んでも効果が無かった人もいるわけだす。牛乳本当に背を伸ばすのに効くんだしょうか??どんだけの量の牛乳を一日に飲めば骨になって伸びてくれるんだすかね?って誰も答え持ってないだすよね。

ストロンチウムの放射性同位体はカルシウムの代替品として骨に残って長期な内部被曝を引き起こすのは間違いないだすが、牛乳から得られるカルシウムがどれくらい骨になってくれるか誰も読めないように、どれくらいのストロンチウムが骨に残留するかもきっと予測は出来ない気がするのだす。

基本的にご飯も水も摂らねばならねえし日本から国民全員が離れるわけにもいかねえわけ以上、あきらめて何かを口にしなければいけないわけだす。たとえ微量の放射線が検出されたとしても(そりゃそうと、ほうれん草の汚染は、ゴミがついて、なのか、水分を吸って植物内に取り込んで、なのかどっちだべか?前者だったら洗えば結構落ちると思うんだすがね)。対処法としては定期的に体中をサーベイして放射能物質を体内に取り込んでないかモニタリングすることだべね。

2011年03月20日 (14:02)

2011年3月15日のお昼頃に1時間歩いた際の被曝量(改訂版1.1)

自然界に存在する放射能物質からおらたち人間が年間に浴びている放射線量が、2.4mSv/yearつうことはよ、毎時間当りに浴びている放射能は0.27uSv/hrとなるだ(365days x 24hrsで割った)。毎秒換算だと0.0000761uSv/secだべ。

ちなみに、m(ミリ)=10の(-3)乗=0.001だして、u(マイクロ)10の(-6)乗、n(ナノ)10の(-9)乗だす。

今、大雑把には約100cpm*=1uSv/hr(本当は0.926uSv/hr)なので(*counts per minitues)、年間自然平均被爆量Xをcpm換算すっと、

0.27uSv/hr : Xcpm = 1uSv/hr : 100cpm
(1cpm=0.00926uSv/hrとしても良い)

より、X=27cpm だべな。つまり何もしなくてもガイガー計はこれくらいは鳴ってるわけだ。

さて、かつておらがマッドサイエンティストとして文字通り狂ったように実験で放射線を扱っていた折、瞬間的に放射線に曝される工程が含まれていたわけだすが、そんときにどんだけ被曝してだべか?

本当は”パッ”という間だから1秒もねえはずだけれども、仮に1秒とすんべ。実験での放射能物質(P32)の取り込みがあった時は最大15Kcpm(15,000cpm)くらいだったかんよ、シーボルト換算で150uSv/hrの線量だから1秒間被爆すっと、60min x 60sで割って、0.042uSvになんべ。つまりオラは瞬間的には自然被爆量の550 x 10^(6乗)倍浴びていることになっけど、瞬間だから健康には影響は無く、10年経ってもまあだピンピンしているだよ(図1参照)。
図1:在りし日のおらの場合

つうのが分かったところで、2011年3月15日の東京で被爆したらどうなっぺかね?

2011年03月20日 (01:41)

二次的雑ごと

- 次は早いとこ、あったかい風呂に入って家族水入らずでご飯が食べられるようになりますように。依然として連絡がついてない人もいるだべが、やはり高齢者が多いだ。上手くつくといいべよ。おそらくは情報ツールの使用の差だと思うのだすが。情報ツールをアナログで手助けするヴォランティアがまだ必要だべね。今の子供たちが大人になる頃には必要なくなるだべか?その前に、そんな災害が起こらない方が良いには決まってっけどよ。ノウハウは蓄積しておくべきだべな。

- フランスはリビアに興味がシフト。ミサイル打込んだだすしね。福島が冷えてきたと同時にやはりトップか?サルコジ君は来ないでくんろ、と思ってたらLe Mondeのサイトでみなこぞって「日本に行くなよ。意味無いじゃん」とコメント多数。

- 私的な話だべが、、本当に引っ越してくる気だべか?その本気度にちょっと引いただ。

- 募金の話もいろいろ。ビジネスにしているのも聞いただすが、それをまねようと仕掛けてくる人がコミュニティ内にいたのもびっくりだ。名前語っているだけかもしれねえのだすが、なんかその具体的な行動を言わずに「我々はこういう活動を展開していくつもりです」って、震災が起きてから立ち上げたってことは実質何もしてねえわけでねえか。。それで「大規模な募金を達成するつもりです」って広告塔になるべき人もいねえのにどの口が言うだすかね?やれやれ。

- とうとう水道水における放射線量も測定の対象になったべね。ワンテンポからツーテンポくらい遅い気もするだが、でもよくやっているだすよ。その遅れを作り出している元凶が実はトップだったりしたら困りもんだすがねえ。

2011年03月18日 (01:27)

”何故にフランス人はさっさと退避することにしたんだべか?”のおらキア的考察

どうもフランス人とこの手の話をしていると、「もっと適切に原発問題を処理するように日本政府に国際的な訴えかけを強くする(=圧力をかける)必要があるのでは?」って意見が出てきたりもするのだすが、多分オラがぽけっと見ているテレビ番組ではそう言う論調が叫ばれているのかもしれませぬ。

ただ、フランスも決して高度な知的判断からこの原発問題に対して解説したり解決策を示しているのでもないのも確かだと思う一方(その代わり読めない分リスク回避のために避難勧告を出した気がするだ)、実はなんかフランスが独自の情報を元に行動しているのでは?とか勘ぐりたくもなったり不安になったりもするので、その点を冷静に考えてみようと思った次第だす。

詰まるところは、1)安全基準の違い、2)自国と外国の違い、の2点なのだすが、まあそれは以下のようにおらキア的には考えることが出来るのだす。


他の国に先駆けて、退避勧告を出したフランス。その報道も結構真面目にやっているようだして、ル・モンド紙の図解もなかなか直感力に優れているのだす(下図参照)。フランス語がチンプンカンプンなオラでも大体知りたい情報は分かるのだす。風向きも図入りで入っていたりして、知りたい情報を総合的にとらえることが出来るのは日本の新聞との違いかもしれませぬ。
ル・モンド紙サイトの解説図
(図はLe Monde紙(フランス)のサイトから)

2011年03月17日 (00:46)

どーでもよいこと。

-フランスの新聞、le monde紙のまとめサイト。

何気によくまとまってんべね。でもフランスのマスコミおよび有識者が全てをきちんと把握しているわけでもなく、真っ当なことを言っていてもたまたま合っていたってこともあるのだけは覚えておかねえとだ。
http://www.lemonde.fr/japon/infographie/2011/03/14/le-scenario-de-la-catastrophe-de-fukushima_1493124_1492975.html

- "sang froid"って直訳すると冷たい血、冷血??と思いきや、冷静って意味だした。

- 洗濯しなくてはだべ。

- なんかのテレビ中継で、避難所において猫がテクテクっと誰かのあとをついて行くのを見ただ。良かったべよ。地震が来て津波が来ると警報が鳴ったとき、おらはキアヌぼんを抱っこしに家に戻れたんだべか?仮定x仮定の話だけんどもよ、考えると怖くなったので、そういう状況は作らないように生きるしかねえべね。そんな人生を選べるほど悠長に生きているわけではないだがよ。

2011年03月15日 (01:12)

1.5次的雑ごと

- 避難所で名前を記載する時は、大きく、はっきり、丁寧に、記載すると、それを頼りに探そうとする人に速く伝わるだ。

- テキスト起こしにはなにげに”ことえり”とスティッキーズの組み合わせが使い易かっただ。こういう小さいノウハウをまた次の際に行かすべく、誰かが数年後に振り返って、どういう動きを、政府、自衛隊、庶民、あとマスコミ、と”もの申す”集団、諸外国などなどが、したかをまとめてくれると良いべねえ。マスコミも今まとめ的な報道をしなくていいから、後でじっくりやってくんろ(どうも順番が逆だべよ)。

- 何となく思うんだべが、前の神戸の震災から得られた教訓は確実に生かされている気がするのだす。

- そう言えば、尖閣諸島の問題の時も官房長官の存在感の方が強かったべよねえ。よもやこの期に及んで子供手当を言い始めた管総理よりもよ。さすがに復興の方へ回すことになりそうだべが、元々埋蔵金って言うのが、未曾有の危機の際に使うものなんだから、それは”今”だべよ。なんで、そんなに子供手当にこだわるのか?ってそもそも論を勘ぐられルベよ、管総理?!オラたちは献金問題を忘れているわけでねえだ。

- 未曾有の危機はそれとして、引っ張られてはいけねえのだす。引っ張るのはとりあえず生活に支障のない/少ないオラたちだ。

- オペレーション・”ともだち”ってよ、なんとなく20世紀少年を彷彿させるだすが、気のせいだすかね?気のせいだすよね。

- ちょっと外国勢のツイッターやらメールが”こうるさく”感じるのも気のせいだすよね。本当の励ましに混じって、なんか”ノイズ”が入っているのを散見するんだすが。。きっとオラの器が小さいせいだすよね。

2011年03月14日 (00:31)

一次な雑ごと

- なんとまあ、おらの穀潰しなことよ。

- やっと現地入りが本格化したのは良かったダベが、これからだべね。茨城の方も何気に機能停止しているだすしね。

- 二次被害も出始めているべねえ。自衛隊で約40人の不明者って、どういうことだべか?再度ぶり返しが来る可能性も70%あるということだすので、うーむ。

- 枝野さんは正直よくやっていると思っただ。多分、仙石さんだったら無理だったかもしんねえ。

- 原発問題は、きっと今後より真剣に論議されるべね。

- 日本人が頑張れることは疑いを持たないわけで、その点はすごいべよ。

2011年03月12日 (00:20)

皆頑張るだす。

こんだけ号外が1日で出る日も無かったと思うのだすが、
 1)菅総理の献金疑惑
 2)石原さんの出馬
ときて、最後のが、、
 3)地震。。と、津波。。。

女川壊滅、、とか。大槌やら宮古やらも相当に被害が。。津波による死者はもうちょっと被害を抑えることが出来なかったんべか。。と、ヘッドラインを見るたびに唖然とするばかりだす。さらに未明には震源地が信越方面に移っている、ってマジだすか??

午後から実質何も手がつかなかっただすが、こうも凄まじいとある意味当たり前かもしれないだす。おらがオロオロしていたってなにか意味があるのかといえばまったく意味はないのだすが。

何も出来ないと、もう祈ることしか出来ないのだす。残念ながら命を失ってしまった人のご冥福を本当に祈るばかりだす。ほんでもって、現地で避難している人も頑張ってくだされ(ペットもこういう時って避難所に連れていっていいんだべかね?肩身狭い思いをするんだべか?)。電車が動かなくて帰れない人もいると思うのだすが、何とかなっているだすかねえ??

おらは、誰にともなく本当に祈ることしか出来ねえだ。

2011年03月10日 (01:51)

春のニホイ

雑ごと、幾つか。

- 以前、門前払いを食らったレストランに再チャレンジしただ。まあ、美味しいといえば美味しいんだべが、味が薄いっちゅうか、きっと素材の味を活かそうとする方向性は分かるのだすが、素材の地力が弱い感じなんだすよねえ。お肉に甘めのソースとか、当然それはお野菜の甘さを活かそうとするのだすが、ちょっと野菜自体の甘みが足らないではねえべか?ちゅう感じ。

こういうのって、例えばナポリだったりすると、おらでも適当に作ってそれなりの味になっていたもんで、やっぱり太陽の力が違うんだすかねえ?フランスでもちょっと値段が高目の野菜屋さんに行くと、結構味の強い野菜が手に入るんだすがよ。それなりに有名店だったので素材はいいの使っていると信じたいんだべが、あれはあれで上品な味って思っておけばいいんだすかねえ?

- 待ち人がようやく来るも、そうそう吉報はねえらしいべ。むう。

- 結局、グレーっぽいのは黒と言うには逆にグレーなわけで、グレーのまま放置だべか?む、むう。

プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。