--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月30日 (20:51)

えええ!な話(再録)。

(キャッシュから起こしての再アップだすので、リンクが抜けているだ)

復旧作業の続く福島第一原発では、作業員の被ばく量の高さが問題となっています。移動中の被ばくだけでも軽減するため、作業員が「鉛の囲い」の中に入って現場に移動する案が政府内で検討されていることがわかりました。 

2011年4月20日付けTBS news より


つうか、今まで既にそうやっていたのかと思ってただよ。作業している人達の休息環境の悪さも散々指摘されているだすが(例えば、youtubeにアップされていたこれ)、現場での作業環境もさることながら、それをバックアップする班がまともではない気がするのだすが気のせいだすかね。手を抜いているなんてことは当然ないはずだすから、ベストを尽くした上でのこの辺が限界だとしたら、やはりそれも込みで”原発”だべな。

でよ、池田信夫氏がいう「”この程度”ですんだ」の中に(参考サイト)、このような状況で作業している人達の献身的な作業やら、避難している人達の避難生活やら、ひょっとしたら甲状腺癌になって死亡に至らずとも手術の跡と薬と共に一生生きる人生やらが、仮に経済的な数値として換算できたとして(実際問題として、お金で済む話ではないと思うのだすが)、それらを織り込んだ上での「トレードオフ/割り切り」なのだしょうか???

スポンサーサイト

2011年04月26日 (01:47)

はっきり言って池田信夫氏はアホだべ。

なんか先週辺りに書きなぐったエントリーが消えてしまって(Blog運営上のメンテナンスのせいで、ということになっているようだすが)、同じ文章は書けないのだすが、でも頭から消えないうちに再度書き直すべかね、と思って、池田信夫氏のblogを覗いたら、またもやおらをカチンとさせるようなエントリーが!(怒)。

「微量の放射線は人体に無害である」って言うタイトルだっただ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51701936.html

2011年04月19日 (23:55)

灰色のほわほわ

キアヌぼん、掃除をしていたら部屋の片隅に灰色のほわほわが出来てただよ。

君は白黒な猫だったけんど抜けた毛は灰色で、掃いても掃いても毎週どっかにその灰色のほわほわが出来てたもんだ。部屋の端っことか、ドアの後ろとか、ベッドの裏とか。

君がいなくなってからも、しばらくは何故かほわほわが湧き出ていたんだすが、いつしか段々ちりちりの感じになってきてしまっただ。それでもどこかにほわっと溜まっているのを見つけることもあるんだすが、いつしか人間の髪の毛のほうが多くなってきてんべよ。

もうそろそろ灰色のほわほわを見ることもなさそうだべな。君用のブラシはどうすべかねえ、キアヌぼん?

2011年04月18日 (21:37)

Cs137の海洋生物のおける蓄積に関する文献

wikipedia日本語版の参考文献にあがっていた海洋生物におけるCs137の取り組みに関しての総説がPDF落とせるので、興味ある人は読んでみてみるといいべよ。

今となっては正直昔の感になるものの、やはり今引退しているより上の世代の偉い先生方たちにとっては、「核実験による放射能物質」は当たり前だったんだのう。もし本当に核実験による放射能汚染で癌の発生率が上がったのであれば、90年代辺りに産まれた人達が老人層になった時まで日本人の癌発生率を調べておけば、ある年代から急激に落ち込む事象が確認できる可能性もあるのう。とにかく国民総出で健康診断の項目をあれこれ増やすべきだす(結果として、医療費が安くなることにならないべかね?)。

それはさておき、上述の論文、そんなに難しくないはずなのだすが、おら自身、ちょっと今5億年だか7億年だかに起きたかもしんないことをあれこれ考えすぎてだすね、頭が完全にオーヴァーヒートで動かねえのだす。むう。なので、まとめはうっちゃっておくだ。

追試やら関連論文やらに関するPDFがあったら、おらに送りつけてくんろ。

http://www.journalarchive.jst.go.jp/jnlpdf.php?cdjournal=radioisotopes1952&cdvol=48&noissue=4&startpage=266〈=ja&from=jnlabstract

2011年04月14日 (23:37)

ペットファインダー始まる

まあ、あんまり長々書く時間もないんだすがね、結局のところ、ペットってなんなんだすかね?

「家族のような」って言う枕詞は当たっているような当たってないような。家族ならば置き去りにはしないだろうし、でも現実問題として気にはなるわけだして、、実際に救助活動も後回しにされるわけだすが、まあそれは致し方ないことには異論もなく。。今はまだ答えを出そうとすることすらうっちゃっておくべ。

それはそれとて、Googleがペットファインダーも始めましただ。頭下がるべ。
http://japan.animal-finder.appspot.com/

それにひきかえ、某勝間氏とか某池田氏とか、、、なんなんだべか?おらが静かな怒りを感じるタイプだ。
http://www.youtube.com/watch?v=rS9zhKZTpSI
オラと全く同意見を言った青木理氏とは仲良くなれそうだべ。

ちなみに某池田氏はペットの救助活動にいちゃもんをつけたとかつけないとか(参考blog)。
何かおらの頭が疲れているせいかもしれねえだすが、全然論旨が通ってない気がすんだすが。なんでこんな人がもてはやされているのか良くわからんべよ(確かに一個一個のブロック単位で読むと、いいこと言っている気もすんだすが、トータルとして仕上がってねえべ)。

ダイジョブだすか、日本人?

2011年04月13日 (00:45)

猫を連れて逃げようぞ

おらねえ、キアヌぼんを獣医さんに連れて行く前って結構憂鬱だったんだすよねえ。キアヌぼん、キャリーに自ら入ってくれることはないわけだして(逆に、診察が終わると速攻で入ってただすが。。)、そりゃあ、もう大騒ぎだったのだす。まあキアヌぼんはキアヌぼんで憂鬱だっただしょうが。。

格闘した末に予約の時間に間に合わなかったこともあるわけだして、それってもたつくと津波が来てしまうってことなのだす。

でも、このタオルでくるんでしまう方法を覚えてからは、あっという間にキャリーに入れることが出来るようになったのだす。洗濯袋や洗濯ネットを使う方法も巷では紹介されているだすが、猫は頭にものを被せられるのが基本嫌なわけだして、タオルの上に乗せてからだと抵抗も殆ど無く、くるんでからは手足を突っ張れなくなるのでキャリーにも入れやすくなる、っていう論法だす。

タオルの上に乗せると逃げないのだす。
まったく、

2011年04月11日 (23:58)

"Fukushima"はもう新たな基準になったのだす。

「チェルノブイリとは違う(=比べた場合に、事故評価は低い)」
「死傷者の数だって、違う」

といって、スリーマイル以上チェルノブイリ未満だ!と連呼している人達いた(今もっている)だすが、もうチェルノブイリとの比較ではなく、”フクシマ”が1つの基準になるのだすよ。

ついでに、「死傷者の数比べたら、交通事故程度のリスクだ」とかいうのを理由に原発反対派を抑えこもうとしている人達いるだすが、全然影響力違うべよ。多分、被害総額と冷静に算出したらその辺のリスク比較は出来ると思うのだすが、死傷者を基準にするのはねえべ。

まったく。

おら自身は、ヒューマン・エラーは絶対に消せねえという事実に加えて、予測不可能な自然災害はまた来るだしょうから、絶対におらが生きている内にと思えるくらいの頻度でまた原発の事故は起こるだしょう、という見地から、「無くせるものなら無くしてみんべ、そのためには何が必要か?」という模索を続ける緩やかな原発反対派になってみようと思うだ。

まずはもうちょっと勉強を続けるべね。

2011年04月11日 (00:30)

時間があったら書きたいこと

何故かほとんど生産性がない3日間だった気がすっだ。疲れていたのか妙に変な食欲があり、、肉をだすねえ、明日の晩飯のつもりだった奴も食べちまったべよ。。君がいたら、にゃにゃにゃん!!とおねだりしただべかね、キアヌぼん??

- 春における服装の微妙さが愉し。
- バランス的に調度良い胴回りのサイズというものがあるらしいべ。和服と洋服考。
- 宮台真司氏と菅総理はきっと握手が出来るはずだった。
- 猫を抱いて避難する方法。
- 能力もなければ、その気もない、いやひょっとしたらワザとなのかも、、な現政権。

- いかにおらの業界が腐っているか、もしくは、ひょっとしたらおらの方がおかしいんだべか??業界が広がって、引いては物理業界まで。。「ブルータス、おまえもか」状態的なおらキア的パリ症候群類似症候群の発症。

- 利が絡めば何かが捻くれる、というのを教えてくれたのはあんただべ、青山氏。

- "想定外"と並んで、いろんな人が言い始めたこともう1つのこと。「言ったんだけど/忠告したんだけど、聞いてもらえなかった/有耶無耶になってしまった」と。で、きっとビル・ゲイツの部下にはなれないんだべね、とLife is Beautifulの昔のエントリーを引っ張って述べる。分かる気もするのだすが、、バランスは難しいべよ。って言う話。どの程度、冷や飯食いに耐えられるかにも夜のだしょう。「そんな事言うなよ」と言動そのものを封じ込める発言多いだすしね。

- ひねくれ者がひねくれてられるのは世の中が平和な証拠であって、突っ張りやら非合法組織が善行を積まねばなんねえほど、今は未曾有の時。これからはいわゆる左翼的思想はそんなにひねくれられねえのでは?

- その後の原発やら被爆やらのフォロー。核分裂が起こって=>紆余曲折=>癌になる可能性、という構図の中で、何故に癌の専門家が被曝してから癌になるまでのメカニズムを説明しに出てこねえのか??(確率は確率として、一定の放射線照射が物理的に何をもたらし、細胞がどう反応するのか?)が、まるで出てこねえのはどうしてだんべ?ここらへんはあの某大御所と同じことを言っているのかもしれねえべ。

- 冗長性がほとんど無い日本の思考システムと、怠け者が前提の緩いヨーロッパ、少なくともフランスやらイタリアの基準。それをヘタレと呼ぶべきか否か?

などなど。

あーこりゃこりゃ。

2011年04月06日 (00:39)

地震がひっくり返したもの

- 海(津波)そして、家と人々
- 災害対策。
- ボランティアの在り方。
- 政治のあり方。
- 原発の在り方
- マスコミ問題。
- "専門家”が誠実であるという思い込み。
- エネルギー問題。
- 国防問題。
- ”唯一の被曝国”という呼び方(というか、それを盾にしての核兵器廃絶運動)。
- ペット問題。
などなど。

2011年04月01日 (22:42)

新学期だすのう

いまだにそれどころじゃない人も大勢いるわけだすが、始められる人は始められるといいのう。当たり前だが被災孤児も存在するわけで、50数人なのは多かったのか少なかったのか。。

たくましく生きてくんろ。
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。