--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月28日 (08:38)

鳥の唐揚げが満員御礼だったのでホッとした話

語学コースのパーティーに参加したオラなのだす。

なんでも、持ちよりパーティーで一品持って来るべし、と言うことだして、しかも「あなたの国の典型的なやつ」と言う条件突きだしたので、オラはしばし考えたのだす。外人受けすることを考えれれば、イタリア料理の前菜系を持ち出せば確実にポイントを取れるのは分かっているわけだすが、お国の=日本の典型的な料理、しかも立食パーティー用、ほんでもってオラでも出来るもの、となるとそれなりに限られて来るわけだす。
立食パーティーなので、汁物系は避けた方が良いわけだして、肉じゃがなんかも大人数相手には良くないわけだす。お寿司は筆頭に上がると思うのだすが、いかんせん人に出せる程、自分で作ってみたことは無いわけだすし、何より材料の入手がそれなりに手がかかるわけだす(乾燥昆布は手に入れておくべきだべな)。

しばし考えたあげく、そんなオラが選んだのは、鳥の唐揚げだした。

唐揚げって言うくらいだすので、中華風鶏肉の唐揚げ和風仕立てみてえな感じになると思うのだすが、まあ醤油味なので和風と言い切ってしまおうと思った次第なのだす。

片栗粉は日本から持って来ていたものがあったので、あとはフランスのスーパーで買える醤油、白ワイン(辛口。でも甘口の方が良かったかも)、しょうがをベースに、ネギもどき、クルミ油などで鶏肉を和えて、揚げたわけだす。


結果は、とりあえず好評だったのだす。まず、のっけから、お皿にディスプレイする段階で、「え、これ、あなたが作ったの?」と言う驚きの声が上がり(まあ、男やもめが料理をすると言うこと自体に驚いたと言う噂もあるのだすが)、レタスの上に唐揚げをどかっと乗っけて、周りにレモン(シトロンと言え、と注意されただす。。。)のスマイルカットを並べただけなんだすがねえ。

密かに減り具合を観察していたのだすが、40人程いたとは言え、かなりいいペースで減っていただすね。ベジタリアンのAnnalinaちゃん(参照記事)も来ていたので全員が食べたはずとは言えませんだが、とりあえず人様に出せるレベルだと言うことは分かったわけだす。

その他の国の人の料理は、詰め物系が多かった気がするのだすが、多分そっちの方が手間ひまがかかっているはずなのだすが、イマイチ味付けが濃すぎたのが原因だと思うのだすが、残ってしまった場合もあったのだす(自分の作った唐揚げの下味を薄めに設定しておいてよかったべよ)。

ついでに言えば、手作りではなく、出来合いのものを持って来た人達が1/3程いただす。ま、いい出すがね。パーティーが始まっちゃえば、誰が何を持って来たかなんてそれほど重要ではないだすしね。ちなみに、主催者側のフランス人は役割分担を意識したか、ガレット・デュ・ロワ(季節がら?)かケーキ系が多かっただす。


ま、それはそうと、パーティーのご多分に漏れず、カップル同伴だったりするので(そもそも初め一人で来たことに驚かれたくらいだすので)、そこら辺はクリティカルではないものの独り身だと微妙に面倒だすのう。ちょいと前に言及したことのあるシャーちゃんの彼氏はこれまた美男子で、そのありがちさに笑ってしまったのだすが、2人とも英語で会話していてさらにネイティブではない辺りが出身国を特定出来ないわけで(まあ聞けばいいのだすがね)、不思議な感じだす。


例によって、3時間くらい話すとオラの脳みそはストップがかかるので(クリスマスに夜中の3時半まで語っていたのは奇跡だした)、今日のパーティーはちょうど良かっただす。

コメント

おさんどんおばさんとしましては

私なら細巻き作ります。細巻きが巻けないって?○イソーで細巻きの型ってのを売ってます。実は私もこれで作ってます。(と白状)(^^;)
寿司酢はリンゴ酢に昆布(無ければ昆布茶)、塩と砂糖で作り置き、中身はスモークサーモン+紫蘇かルッコラ、ツナマヨ、カッパ(キュウリ)、キュウリ+梅チューブ、カニカマ等々・・寿司が流行の昨今、ひっぱりだこです。
私は一口サイズに一本を5つぐらいに切るのと醤油を付けなくても食べられる味付けに(中身を少しだけ味濃いめに)仕上げてしまいます。海苔の代わりにゴマをまぶすのも良いかもです。

と10行クッキング教室でした。

味付けを濃くする案はいいだすのう

寿司はかなりポイント高いのは分かるのだすが、小心者のオラとしては、注目を集めておいて期待はずれは避けたいわけだして、もうちょっと自分で練習してからお披露目するとするだすだ。

のり巻きは裏巻きにするとそれなりにいけるようだす。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/128-febcb568

トラックバック

すしが面白いかも

ガレット・デ・ロワ - アーモンドクリームの入ったパイ (料理)|パイ菓子 ガレット・ブルトンヌ - 小麦粉・アーモンドパウダーなどで作る厚めのさくさくしたビスケット|クッキー ジャガイモ|じゃがいものガレット - じゃがいもをつぶすか薄切りし、円形にまとめて焼いた料理
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。