--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月18日 (18:31)

ペット・フードの大量リコール

どうもキアヌぼんはIAMSの1歳以上用(チキン味)を食べると吐くような気がしていたので(半年くらいまでは全然問題無かっただす)、おじさま用に切り換えているわけだすが、そんな矢先、ペットフードの大量リコールが起きただす(キアヌぼんの嘔吐とは全然関係ないはずだす)。

皆様も自分のペットにあげている会社のフードをチェックしてみるといいだすだ(追記:ただし、今のところ、北米の工場で作られた製品にリコールは限定されているだすので、日本国内生産品だったら問題が無い気がしますだ(と言うのをコーギーblogさんの記事で気付きましただ))。

ちなみにIAMSは、主にウェットフード系がリコール対象になっているだす(サイトはこちら)。どうもあのトロミを出すために添加するグルテンに異常があるみてえなのだすが、正確な因果関係はまだ掴めてない模様。でも、ヤバそうなので、ストップをかけたと言う次第なようだす。えらいべ、配給元!

IAMS日本語サイトはまだリコールに対応してねえので(追記:というのも、北米の話なので当たり前かもしれませぬ)、Global Linkからたどってアメリカの英語サイト辺りで確認してみて下せえ。その他の会社も気になる人がいたら調べますだよ。

CNNニュース
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200703180008.html


さらに元ソースはこちら。
http://www.menufoods.com/recall/index.html

コメント

 どうなんですかね、実際のところは。
 とりあえず、U.S.内からのみ報告があったんで…、というリリースの記載からは、輸出用についても現状ではわからないような気もします…。
 結局、食べて調子悪いもんは食べさせないのが正解なんですかねえ。ちなみにうちのも「原産国アメリカ」の輸入品ですんで、調べちゃいました。

輸入品は少しだけ要注意かもしれないだべ。

うーん、何かと規制の基準も違うこともあるわけだすし、北米生産のものは一応気をつけてみた方がいいと思うのだす(カナダでは大丈夫と言うことにしてあるみたいだすが)。

まさかアメリカ国内流通規制品を日本に流すことは無いと信じたいのだすし、妙に神経質になるのも嫌だとは思いますだが、何か変だな?と感じた時に「ひょっとして?」と思える体制というかレーダー感覚を作っておくのはいいことだと思うのだす。

国内での配給会社が、直接関係なくても安心出来るようなアナウンスをしてくれたらもっといいだすなあ。

そうなんだ

ペットフードの大量リコールかぁ。
そんなこともあるんだねぇ。

ちゃんとチェックしないと身体に悪いモノを
食べさせたりしている可能性もあるんだなぁ。

そうなのだす

今のところ、カリカリは大丈夫なようだすよ。

去勢済みにして基本は室内飼いキアヌぼんは、食事が唯一の楽しみかもしれないわけで、多少変でも餌を食べちゃうかもしれないのだす(単に食いしん坊なだけかもしれませぬが)。

なので、気付いた限りは何とかしてあげたいと思うわけだす。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/172-bf3540d7
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。