--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月07日 (17:41)

太陽がまぶしかったわけではないのだすが、

長期海外滞在者で自分が異邦人だと感じる人は以外に身の回りでも多いのだす。

まあオラの知り合いのほとんどが研究畑な人達でバイアスがかかっているかもしれないのだすが、別に何の問題も無く暮らしていても、どうやらそう感じるようだべ。

フランス在住10年以上の日本人(同業のあのお方)との会話で、ふと「いまだにフランスにいて自分が外国人であることから抜け出せない。日本に戻っても違和感を感じるし、どこにいても外人な気がする」と言うのが出て来て、オラはちょっぴりビックリしただす。

また日本人のみならず、常々、フランス以外のヨーロッパ、例えばオランダ、スペイン、ドイツ、イギリス等から来た人々と話しているとフランスでイマイチ溶け込めない感慨みたいなのを語られてしまうわけで、、。

オラから見ると、彼らはありとあらゆることでフランスに溶け込んでいるように見えるのだすが、逆に彼らに取っては、ある意味論外的な立場でヘラヘラしているオラの方が不思議な存在に見えるのかもしれませぬ。

「フランスに憧れているようにも見えないのに、何故に君(おら)はそんなにもフランス人に対する不平が少ないのだ?」と言う振りに対して、「端から違うと割り切っているから、お互いに距離を保てるからだべ」と答えて、だめ押しに「ナポリと比べたら、パリは十分に機能しているし、人々も普通に親切だ」と付け加えると大体納得してくれるわけだすが、

じゃあ彼らの場合はどうか?と言うのを彼らに問うと(と言うか、それを向こうが話したくて、こっちに振ってくるわけだすが)、「所詮、同等に扱ってもらえない」もしくは「結局のところ、同等に感じえない」辺りに話は集約されるのだす。


在米歴10年以上の中国人の話もそれらの話と組み合わせると、外国人が海外で自分を異邦人に感じる理由に関しては幾つかに分類出来るのだす。

1)言葉の問題やその他の日常習慣、生活スキル一般が至らず、疎外感を感じる。
2)生活スキルとしては問題無いが、どうも考え方などに違和感を感じる。
3)日常では問題無いが、ちょっとした経験を共有してないが故に、内輪から外輪になる。
  (例えば、幼少の頃に流行ったCMネタ絡みのジョークとかにはついて行けない等)
4)能力的には自他共に認められているのに、結局出自/学歴等が効いてくる時がある。


オラの周りだと、こんな感じだすかのう。

オラは1)の段階で既に結構足踏みしてしまうわけで、そっち方面でエネルギーを使ってしまいたくねえ故にある程度のところで開き直って、「まあこんなオラですが、使える/楽しいと思ったら一緒に仕事して/遊んでくだせえ」と言うスタンスでヘラヘラ、、まあそれが日本だとしたってあんまり一緒にいて楽しい人間でもねえだすので、仕事上の付加価値をつけておくのは肝要で、その分ヘロヘロになって過ごしているわけだすが、

そもそも外国にいる理由自体がやりたいことのための人が多い同業の人々だと、どうしても仕事上で能力的に同等だったら同等に扱って欲しい、という認識がストレスもしくは不満の根底になってしまい、一方でパーフェクトな人間もまたいないわけで、何かの折りにその部分をつつかれてしまうこともあり、なかなかそれは無くならないわけだす(そういや、女性の社会進出の話にも似ているだすな)。

ほんでもって仮にその手の不平等が無くなったとしても、経験の共有が出来ない以上、上述3)のケースは解消されないわけで、なんだかんだ言って異邦人は異邦人であるは変わりはないのだす。あとはどこら辺に折り合いをつけるかで幸福感は変わって来ると思うので、そういうのを比較によってではなく個々で見いだせればいいと思うわけだべ(まあ上述の皆さんも見いだしているはずだすがね、何となくモヤモヤッとしたものは持っているのだしょう)。

成りたい自分と成れる自分のギャップを出来るだけ小さくしておくと言う話にもつながるのだすが、まあ話が別の方向に行きそうなので、それはまたいずれ。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

コメント

異邦人でなく異種人間と思ってます

大体違う風習の元で違う言語で育って彼らと見るからに違う顔をしているのに同化する筈がないです。違うんだ、何が悪いと開き直ってます。逆に違うから珍重されて面白がられている・・時もあります。社交的つきあいはそれでいいんじゃないかしら。

仕事に関してはきちっと仕事して認められるほどやっかまれて嫌と言うほど足を引っ張られましたから・・(ノーコメント)。

ヨーロッパの国の人々はそう思ってない気がするだ

例えば日本人ならそれでいいケースもあると思うわけだすが、なまじっか共通基盤を持っているヨーロッパ圏の人同士だと、開き直るには距離が近すぎて、オラには分からないモヤモヤ感を持つに至るようだす(社交スキルが高い人が多いので、あまり表には出さないとは言え)。

きっとそれはオラが日本人に対して時として感じる違和感を、彼らが見たら「一緒に見える」と思われてあんまり気にもされないのと一緒だべよ。

まあ南に行けば行く程醸し出される”やっかみ精神”は言われるだけのことはあるので、それは御愁傷様だす。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/185-44f26abd
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。