--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月24日 (06:42)

とあるドイツ人とフランス人などについて語ったわけだす

職場のドイツ人M君と一杯引っ掛けに行ったのだす。

彼はフランス語もペラペラだし、能力もそれなりに高いので何不自由無くフランスで暮らしているわけだすが、どうもフランスにずっといる気はさらさらないと言うことなのだす。だからなのか、普段フランス語で会話している情報量の割には意外に同じ職場のフランス人の本音を知らないのは、何気にフランス人も彼のことを微妙に敬遠しているんダベか?(仲がいいのは確かだすがね)
まあ、とにかく彼自身がフランスに残るつもりは無いので、なおさら、日本人、、、随分と違う環境で育った集団、、、がフランスに永住したい話なんかを聞くと不思議に思うらしいべ。どうやったらそう思えるのか?と。

とある日本の地方都市に3ヶ月滞在した彼は結構カルチャーギャップに悩んだらしく、挙げ句にある朝鏡で自分の顔を見て「なんて鼻の大きなやつが映っているんだ」と驚いたそうだす。それだけに「これだけ色々なギャップがあるにも関わらず、それをものともせずに永住を考えるのは驚きだ」「まあそもそもstrangerと言う語源を考えるに、元々変な人が外国暮らしに耐えられるに違いない」等々と話に花を咲かせてみたりしたわけだす。

さてさて、異邦人な日本人が外国で暮らして行く話、、別に常識とか確率的に考えたら、例えば自分もフランスよりかは日本で職を得られそうな確率は高い気もするんだが、何となく日本に帰りたくない(=どこにいても同じ)が気がして来たので、とりあえずはフランスでも職探しをしようとしているワケで、でもまあ、そのドイツ人に指摘されたように、あんまり可能性が無いと言うのも分かる気がするのだす。

まあどのようなモティベーションがあるかにもよると思うのだすが、現ボスと一緒に働けたらいいなあ、とかの方がむしろ大切なので、まああまりフランスだからと言うのはこだわっては無いのだす。が、億万が一にフランス人のパートナーが出来ちゃったらまたそれもたまたまフランスだった程度にしかはならないと思うのだすが、まあ単純にフランスだからと言うのは無さげだすべ。

何はともあれやるだけやってみるべよ、と言うことで、駄目なら駄目で何とかするしかねえべ。

ところで、迎合しない意見を言うこのドイツ人と飲んでて、一つ収穫があったのは、共通の知り合いの日本人女性についての評価が一致したことだす。なんだ、オラだけじゃなかったのだす、彼女がかなり変だと思っていたのは。毛嫌いしている自分が変何ダベか?と思ってちょっと心配していたわけで、それはかなりホッとした次第だす。

オラが変だと思う人は、他の国の価値観に照らし合わせても変だったのだす。まあオラも自分自身が変だと言うことをもはや否定はしねえだすがね。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/225-385e0307
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。