--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月01日 (20:32)

電車に乗った猫(その3)

(前回までのあらすじ)
電車の中にキアヌぼん模様な猫がうろついているのに気付いたオラ。目が合った瞬間、知的な感じを漂わせたその猫(以下、小林少年)は隣の車両からテッテケテーと走り寄って来て、オラと一緒に電車を降りたのだした。
(参考記事:その1その2


で、その小林少年はだすね、電車を降りてもオラのあとをテッテケテーとついてくるわけダス。。。駅の反対側に回っても付いてくるわけダス。。。

でもって、頭をゴツンとぶつけてゴロゴロされちゃうのはかわいいわけダス。。。って、困るオラ。何故なら、オラがこれから向かう場所はオラの旧家なわけだして、掃除と片付けのためにチョロッと寄るわけダスから家には餌も無いわけだすし、大体餌があったとして居着かれてしまっても責任が取れねえわけダス。オラがそこにそれ以上住むわけ出ねえわけだすし、住んだとしてもキアヌぼんがオラに取ってはキャパが一杯一杯なわけダス。


なので、オラに付いてくるのはいいとして(そのエリアは住宅街でそんなに車もスピードだしてないわけだすし、電車に乗っているよりは増しダベよ)、心を鬼にして目を合わさずに道を歩き始めたわけなのだす。

が、やはり一定の距離を置いて後ろから付いてくる小林少年、後ろを振り返らずに道を行くオラ。そのまま、おらは家に入ってしまったのだす。


片付けを終えてオラが家を出ると、小林少年は姿を消していたのでほっとしたような残念なような。。とりあえず、キアヌぼんが待っている家に帰るべく駅へ再度向かったわけダス。

と、、、


小林少年、駅で待機してたわけダス。。。しかもご丁寧に降りたホームで待っていたわけで、でもこの路線はボタンを押さないとドアが開かないし、そんなに人が乗り降りする駅でも方向でもねえので、さすがの小林少年も自力では乗れなかったようだす。が、オラがそこに到着してしまったわけダス。。。

さあ、どうすべか???

(あと一回続く)
カテゴリ : その他記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

コメント

ど、どうするんですかーーーー!?

思えば、ふじこも山でばったりと出会い、家までついてきたのでした☆

ほお、山でばったりダスかあ。

不二虎にいさん、さしずめ山で武者修行していた若武者と言ったところだすかのう。

わかむしゃ☆ 鼻水たらして口内炎だらけだったけどねえ☆

メンズニャックルな不二虎兄さんにもそんな時代があったんだすのう。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/291-054afa8e
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。