--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月18日 (01:53)

何故に"help"という単語を使うのダベカ?

ナポリ臭のする新同僚O、新しい分野で新しい技術を習得するのは当然なことなわけだす。

が、何故にその際に「君の実験を手伝う」という表現を執拗にするのだしょうか?

正直言って、下手に手を出されて仕事が進まなくなったりすると嫌なので、彼が彼自身のために必要なことを「おらが教える」「彼が教えてもらう」と言うならば分かるのだすが、なぜかここで' I can help you' とのたまうのだす。ずぶの素人に綺麗な写真が撮れるならば、オラはとっくに撮っているだすよ。何故にあんたの技術習得がオラの助けになると考えることが出来るんだすかねえ?


(それはそうと、何気に1,2週間でかなりのデータを貯められるところまでになったオラ、なかなかにいい感じなのだす)。

本当に学ぶ意思があり実際に横についてみていてくれて、それでもって自分でも手を動かすのだとするならば、まあまだ納得はいくのだす。しかし、彼の言動はどうもそれにはそってないようなのだす。すぐにどこかに行ってしまうし、一つのことを最後まで見届けない。そりゃ友達が来たり、サッカーの試合があったり、私用があったりと、忙しいのは分かるのだすが、それはオラの知ったこっちゃねえわけで、そもそもオラがいないのであれば他にも分かる人がいるわけだすので(そもそもオラだって彼らから習ったのだすから)習えるはずなのだす。

そもそもあまり職場に顔を出さない彼、前の職場(大学院生時の)での仕事をまとめているからな様なのだすが、それの言い訳のために「ebiに習いたいのだけれども、どうも時間を割いてくれない」「プロジェクトにさらに他人が介入するのは嫌がっているみたいだ」と言い始めているようなのだす。

っていうか、職場にいない人にどうやって教えようがあるのだしょう?午後からフラリとちょろっとやって来て、いきなり教えてもらうつもりというのは無理だと言うことは伝えているわけだすし、さすがにボスとも話してその状況は確認してもらったはずなのだすが、ボスが休暇に入ったとたん、すぐにまた同じ状況。

だいたい、本当に習いたければ、他の人だって技術的なことは教えられるのだから、聞けばいいわけだす。でも、それはしないし、ラボに来て半年経って未だに自分で積極的に動かないのは学位を持つものとしていかがなものダベかね?


しかも”議論好き”。これは議論とは名ばかりで「どう思う?」「どう思う?」の連発、自分の意見は一言も言わないのだす。あんたがいろいろアイデアや知識を持っていて、こっちの出方を見ている指導教官ならば分かるのだすが、何も無いすっからかんなくせに根拠の無い仮定の上に別の仮定を重ねてこねくり回すことで議論した気になっているあんたは実におめでたい、、と同時に警戒すべき相手だすよ。既にオラが行ったことをボスにさっそく伝えて、「Oが言うにはこれこれ云々」とボスがオラに言ってくる始末。この手の人は日本にも結構イルベねえ(で、自分が出来ると思い始めている辺りが始末が悪いべ)。


さてさて、どうも彼の言動に接しているとナポリの言葉遣いを思い出すのだすよ。ついでにながら、ナポリ人をして「超ずる賢い」と言わしめたオランダ人Pなどを。

さあ、みんなも覚えて使ってみてくんろ。りぴーとあふたみー。

フレーズ1
教えてくれ=>代わりにやってくれ。試しにやったやつは俺が取ったサンプルということになる。

フレーズ2
手伝う=>俺がやったことになるよな(例え横で見てただけでも。下手すると最初にいただけ)。

フレーズ3
議論しよう=>お前のアイデアは俺が考えたことになる。

てな感じだべよ。

こういう思考回路が根底にあるならば、まあ彼の言動もある意味納得するのだすがね。こういう人に限って、まあ実に綺麗ごとや一般論を並べるのが好きだったりするのが、オラには矛盾に感じられ、どうしようもなく不快なわけだす。


あと個人的にやめてほしいのは、何かとベタベタと触ってくることなのだす。スキンシップのつもりなんだべが、容器から液体がこぼれないようにそうっと歩いている時とか、あるチューブからよそのチューブに分注している時とかにも、後ろから触ってくるのは本当にやめてほしいわけだす。こぼれるじゃねえだすか。。。

多分、相手に何か安心を与えるというよりかは、自分の安心のために触ってくるタイプなのだすよ。自己中的なのが垣間みられるわけだす。

フランス人って割と自分を中心に考える人が多いと言われることもあるようだすが、正直オラは滞在中あんまりストレスを周囲から感じたことはないのだす。(なので、blogの更新頻度が少ないのもそのせいなのだす)。何故オラに有終の美を与えてくださらないんダベかねえ??

で、本当に「助ける」つもりがあるならば、オラのことを放って置いてほしいわけだす。「教えてくれ」と言うならばやぶさかではないだすが、「たすける」と言われるならば、non merci !!と言うしかねえベナ。心身ともに「オラに触るな!」って感じなわけダベ。(実際に、「オラに触るな」とすでに2回ほど叫んだことあるし)

ちょっと、ボスの休暇明けにもう一度3人いるところで話さなければならないようだすよ。

やれやれ。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/367-099df21a
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。