--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月10日 (02:59)

送別会BBQ徒然1

A子はスペイン人なので、"子"なんてつかないわけだすが、彼の地では助手(assistant professor)にして既婚者でもあり新進気鋭の学者さんなので”さん”付けでもおかしくないのだすが、どうもオラより幼い感じがするわけだし(たぶんたどたどしい英語のせいかもしれないだす)、ちゃん付けとも違うし、何となくタメ感を出すためにとりあえずAではなくA子と呼んでおくわけだすが(ここまでが前置きで)、大学の夏休みを利用して3ヶ月だけ技術習得のために隣のラボへ短期留学に来ていたわけだす。

ついでに言えば、スラリとしたスタイルの良さ、かわいらしい顔、並びに性格で、華があるってわけではないけれど美人なわけだす。滞在中、ほとんど観光もせず(実際の所一切せず)週末もちょこちょこラボに来て作業しているような真面目な人でもあるわけだす(つうか、かなり真面目だべ)。

で、その彼女がいよいよ滞在を終えて、本国へ帰ることになったので、送別会BBQが行なわれたと言うわけだべね。たかだか2,3時間のBBQだったのだすが、なんかオラ的には非常に濃い時間だして、いろいろ発見と言うか、思ったことがあったのだす。で、それをシリーズで書こうと思うわけだすな(また飛び飛びにならないといいのだすが)。

さて、これはBBQの時ではないのだすが、そのA子、たまにオラにちょっとした不満をもらすことがあって、、、って、別にシリアスなやつではないのだすが、「フランス人って、、、」と言う時に他ならぬフランス人には言えないので、オラに言って来るわけだすね。で、その中に3,4回ほど聞いた中では「Kさんはどうも苦手、いつもつんつんしている」と、とある50代の女性のことを指して言うわけだす。「ヴァカンスから帰って来てから、少し雰囲気良くなったみたいだけれども。。」と言うのも、つい先日聞いたばかりだした。


でもだすね、今日の送別会BBQで割と献身的にマネージメントをして、BBQがお開きになってからも、最後の最後まで語りを入れていたのは、他ならぬそのKさんだして、それを見る限りとてもツンツンしているようには見えず、どちらかと言えば心底別れを惜しんでいるように見えたのだす。なんと言うか、ホラ、言葉ではいくらでも美辞麗句は言えるかもしれないけれど、実際に行動に移してあれこれ世話を焼いたりしているKさんは、どっちかと言うと、口べたで(と言うか、変に飾って言わないだけだと思うのだすが)、もしくは普段はそんなに感情を表に出さない人なんではないかと思ったわけだす。

割とフランス人もしくはパリ人が冷たい、と言っても別にそんなに酷い人達では当然ないわけで、今回のエピソードを見る限り、一般的な先入観とオラの実感との両方を垣間みれた気がするのだす。

A子が、最後の最後で同じような印象を持って帰国してくれたといいんだすがねえ。

コメント

そうにゃんだ

スペイン人のA子さんには
なんとなく接し方が冷たく感じられたんだろうね。
本当は違うのね~って思ったんじゃないかしら…

私も昔…フランス人ってわけもなく
冷たいに違いないって思っていました。

前置き

前置きで笑ってしまった。面白かったです。
イタリア人、当人前ではすごく親しげにしていても、本人のいないところでは悪口言う人ってけっこう多いなあ、と思うことがあります。

ま、言われていることは当たっているようで、当たってもいないかも、、、ってどっちやねん。

まあ何事も言われてしまうだけの言動と言うのはそれなりに存在しているようなのだすが、いろいろ見方を変えると違って見える場合もあるだすし、やっぱり持った印象のまんま、と言うのもあるわけだす。ま、ただの集団における一般論から、個人と個人の関係になった時に変わる場合が往々にしてあるのだしょう。

で、元々のベースがどうであるかも結構関係していて、きっとスペイン人的にはもっと優しく対応して欲しいと言う期待が根本にあったようダス。>harryさん。

オラ、イタリア人から「なんでもかんでもcome stai?と聞いておけばいいと思っている奴らがいて疲れる」と聞いたことがあって、見た目ほどにはそんなに濃い関係を気付いているんではないんだべねえ、と納得した覚えがありますだ。>yuranotoさん。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/39-15b1040c
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。