--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月24日 (01:05)

続オラキア的「売ろう物語」(中)

上編はこちら


さて、そんなバタバタが続いて、蓋を開けてみれば1ヶ月半位は優に活動を停止していることになっていたのだすが、その実トップスピードに再び調子を戻すのにやはりもう半月ほどかかり(まだ部屋の片隅に段ボールが積んだままだったりもするのだすが)、無駄に無料奉仕した3ヶ月や、あれこれ円満移籍をするために費やしたエネルギーと時間を考えるに半年くらいは時間を無駄にした気がしないでもないのだすが、、、

その成れの果てがこの体たらくとはちょっと悲しくなるベナ。。。結果論とは言え。

で、主題に入るのだすが、、


かつておらは自分を売り込むことに関するエントリーを書いたわけだして、実はこの頃から「うーむ、どうやら、そんなにオラのことを買ってくれているわけではならしいべな」と言うことは薄々感じていたのはblogを読み返すと改めて分かるのだすが(参考エントリーblogがweb-logとして機能してるベナ)、


悪条件だろうが、金も誠意も出さなかろうが、ミスを連発してようが、人間としてどうだべか?、とかあろうが、結局のところ、そこにつきる気がするのだす。

まあ誠意辺りは評価と裏腹な気もするだすが、何はともあれオラ的には「買ってくれた」感があれば、上述のごとく列挙したのはそんなに気にならないとは思うのだすが、そういうのがオラである、ということを理解せずにオラのことを買える気になっていること自体が、オラのことを買ってくれていないわけだす。

「評価しているからこそ云々」という言葉をもらったことはもらったのだすが、取って付けたように言われても実感するのは難しいのは、つまりは行動が伴ってないからなのだす。

そもそも実はそうではないのは普段の言動に滲み出ており(もしくは日本人として通常のレベルを、おらが表現力に欠けるようにしか感じられなくなったんダベカ?)、例えば、他人がオラを評価してないことをオラに告げる前に、その言った相手に自分の(本当に買っているならばその分の)評価をきっちり伝えることこそオラを買っている証拠にもなるとは思うのだすが、そういうのもない。

それが無いならば、例えばそれが好条件だったり、ちょっとした手間隙を惜しまないことだったり、尊敬の眼差しだったり、多分ちょっとしたことだと思うのだすが、そういうのは無く、要は「オラから何が得られるか?」という基準を振り回して「評価している」と言うのであれば、そういう人々に対しては「おらは何を得られるのか?」と問わざる得なく、それが見出せない以上は、ほなさいなら、と言うことになるわけだす。

「さすれば万石か乞食」*の後者へと(一時的にせよ)身をやつすことになったのは、オラ的にはそういう心情なわけだべよ。

(続く)


*ちなみに元ネタの”売ろう物語”(司馬遼太郎 著)は以下の本に収録されているべよ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/392-4472bcb4
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。