--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月01日 (21:00)

納得のいかねえこと

写真はだすね、最近、地下鉄などの駅の構内@パリで見かけるレトルト食品の広告なわけだす。"riz Cantonais"、直訳すれば広東風の米、すなわちチャーハンのことだす。

で、そのチャーハンて中華料理だすよね?日本風にアレンジされたラーメンの例も無きにしもあらずだすが、日本以外の中華料理屋でもかならずチャーハンはあるので、中華料理の定番と言ってもいいのはあんまり議論の余地がないと思うのだすが、

その前提をもとに、この広告、オラはかなり納得いってねえのだす。

何故に中華にひらがなが?

何故に中華料理の広告に日本ちっくなものを抱き合わせて広告するだしょうか??
そもそもが、パリの町に氾濫する”なんちゃって日本料理屋”by 非日本人(たいていは中国人か台湾人)にあんまりいい印象を持っていないオラなわけだす。

だって、どう見ても不味い”寿司”、すなわち温かご飯(酢抜き)に臭みのある魚を乗っけてある代物、を日本の寿司として売り出すわけだす。日本料理の方がイメージがいいからと言って中華料理屋を改装し微妙に稼ごうという方向性は商売としては分からなくもないだすが、だからと言って、のさばらしておいたら日本の食文化に対して間違った印象を持たれるのではねえべか!(*)まだ寿司太郎を混ぜただけの代物を出してくれた方がマシだと思うわけダベよ。

いかにもレトルトな味噌汁もどきはまだ分かるとして、前菜として出てくるサラダはキャベツの塩揉みドレッシング和え、、、寿司の後に締めとして?さらにライスが出てくる辺りが、全くもってわけが分からないべ。白米をおかずなしにどうやって食え、と。。


で、も、だ、す、ね、一応日本食ブランドで商売しようとそれはそれなりに日本食を日本食っぽく見せかけようとしているので、仕方がねえべなとも思うのだすが(そもそも日本の某S市のなんちゃってイタリアンをイタリア人が試さないことを祈っているオラとしては)、

何故に、「中華料理を宣伝するために、日本語の入った提灯をチャーハン自体のパッケージよりも大きく映し出して宣伝するんだスカ?!」とオラは憤りを隠し得ないのだす。

それって日本ブランドを結構利用してないだすか?でもって、あんたらは自分たちの食文化を日本人の文字文化と抱き合わせで売ることになりかねないだすかね???


と、ちょっとだけ冷静になって可能性を考えるに、まあ広告を作ったのは中国人でなく、フランス人で、わけもわからず東洋のイメージをごっちゃにして作った可能性もあるので、必ずしも中国人にオラの憤りの矛先を向けなくてもいいのかもしれませぬが、、、、

が、、、

最近、とある中国人同僚のポスドクが残していってオラが引き継ぐことになった仕事があるのだすが、「ここまでは完璧よ」「あとはこれをやるだけ」と言って残していったデータの解析結果、、、ほとんどがいい加減な代物だした。。。(ひょっとしたらオラが書き直して筆頭著者になってしまうのではないかと思えるほどに。。。クローニングもやったら少なくとも第2だけども同等貢献、になるんだじゃないだすかね。。元々は単に原稿を推敲するのを手伝うだけのはずだったのに。恐るべき中国人クオリティー。)

みたいなことがあるので、どうも偏見が加味されていて、「他国の文化ブランドで商売するなよ、オラオラ」と思うに至っている今日この頃なわけだす。


オラはまだまだ小物だすのう。



(*)と、一応、公平のために述べておくと、オラの周囲のフランス人の9割方は「あれをもって日本食に対する評価はしないから心配しないで」と言っているので、まあこれは危惧せずともいいのだしょう。二人ほど、なんちゃって日本料理屋での経験をもとに「日本料理は好きではない」と言っている輩いるのだすが、なんちゃってピザをおいしいとほおばる人たちなので放っておくべ。
カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

コメント

同意します

>”なんちゃって日本料理屋”by 非日本人
そうそう、ローマも多いですよ。この輩。中華レストランの8割がこれになっちゃったんでは?
でもちゃんと真面目に日本食作ろうと努力してくれるコックさんもいるにはいるんですよ。私は中国人コックだけど日本人学校へ日本食の給食を卸している中華・和風レストラン・・ってのを行きつけにしております。いえ、なんちゃって日本食ケータリング(私)よりまともです。

まあごくわずかにいるのは分かるんだすがねえ。

つぶれた日本食屋を引き継いで、まともになったお店も無きにしもあらずなので、そう言う人もいるのは理解はできるのだすが、、それはナポリにもきちんとした人はいるよという論法にすぎない気がするのはオラだけだすかねえ?(笑)

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/409-9070c2f7
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。