--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月17日 (14:04)

ナポリ人もびっくり

朝、職場に行ったらだすね、、、


外付けハードディスクが建物内で軒並み盗まれちょりました。。。



バックアップは取るようにしていたものの、、2週間ほどの仕事がパー、、、。でんねん。一番痛いのは休日出勤して丸一日かけて撮影した画像のファイルがパー、、って言うのが、結構精神的に痛かったりするわけだす。

まあたいていの人は外付けポータブルハードディスクをそのまま持っていかれたのだすが(それと、共用ラップトップ)、悲惨だったのが、技官のAちゃん。

デスクトップコンピュータをこじ開けられて中身のハードディスクやら増設カードやらがごっそり盗られちょりました。って、まあ下請けの仕事をしているだけの技官さんのディスクである意味不幸中の幸いということになるのかもしれないだすが、、、ねえ。


おら、ナポリで盗難に関しては実害はほとんどゼロなのだすが(G-shockを職場で盗られたことあるダス)、フランスで2度もそういう大掛かりな盗難に遭うとは思わなんだべよ。初めて、警察の鑑識係の作業を見ただす(って、そんなに本格的にはやってなかったようだすが)。

ナポリだと、基本が盗られる、、、だすから注意しているわけだすが、どうも油断大敵だったようだべよ。


ちなみに、盗られたハードディスクやらは公費で買ってもらえることになっただ。ここら辺が、おフランスって感じでいいべね。しみたれてなくて。

何はともあれ、やれやれダベ。


(追記)

どうも、同じ敷地内の別の建物では2週連続して週末に泥棒に入られたそうで、、、そんなに早急にセキュリティシステムは変わっていない間に犯人は立て続けに入ったそう。って、オラたちの職場の建物も急にセキュリティは変えていないなわけだすし、いつもよりも戸締まりは気をつけてなされたは言え、、

そもそもが、この盗難を行うためには、1)暗証番号を用いて建物に入り(こじ開けた様子は無い)、2)各オフィスのドアを開けるための鍵が納められている部屋のドアの位置およびその暗証番号を知る必要があり、さらには各部屋の鍵をきちんと把握する必要があり、3)情報管理室内のパソコンがしっかり狙われていたということは情報管理室がどの部屋が知っている必要があり、等々と、

内部の情報をそれなりに知っていないと実行が難しいように思えるのだす。プロには難しくないのだすかね?

週明けはドキドキしながら出勤することになりそうダベよ。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/437-c1af6bea
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。