--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月16日 (08:05)

送別会BBQ徒然3

まあBBQだすので、当然炭に火を付けなければいかんのだす。

そこら辺のノウハウは研究所でちゃんと持っており、、、って、乾燥した松ぼっくりをストックしてあるだけなのだすが、これがまた煙は出るものの炭に火をつけるにはなかなか適しているのだす。そのカラカラ具合が。

とは言え、炭に火をつけるのはちょっとしたコツが必要だして、何を隠そうオラはそのコツを持っているのだす。


って、そのコツとはただの内輪、、、じゃなくて団扇なのだすが、一応暑い時用に常備してあったのだす。京都のお祭りで買ったやつだすので、多少日本文化的香りがするやつだして、そう言う物珍しさに加え、実用的なオラの団扇は少しは関心の的になったのだした(本当に少しだけだしたが。同じ団扇に対してイタリア人の方が大騒ぎしていた気がするべ)。

さておき、そんなわけで、おらは炭火起こし並びに火加減調節係になり、まあその分、皆もフランス語全開で話せるからいい気もするのだすが、いかんせん今夜の主役のA子はフランス語はチンプンカンプンなので、それなりに英語なわけなのだす。


が、今回はそれが言いたいのではなくて、この9月から大学院生として参入して来たKちゃんが、それまでは割と一歩引いてオラに接していたのだすが、どうも炭を起こせる人物としてオラを認めてくれたらしく、何故かニコニコしながら隣にやって来て、まあ英語は片言ながら話しかけてくれるわけだす。大体外人と言うのは日本人に比べて基本的パーソナルエリアのレンジが小さいので、心理的な距離が縮まると、物理的な距離も一気に縮まるのだす(ちょっと近すぎて焦る時もあるだべよ)。

Kちゃん、ミランダ・オットー*系の顔立ちをしていてなかなかいい子でありやんして、ついでながら新学期が始まる前の8月からすでにラボ入りして勉強を始めていた真面目な子でもありやんして、隣に来るのは悪い気はしないのだすが、だからと言ってオラに対してその気があるわけでは当然なく(もしこれが初めての外国だったら、オラ、勘違いしたかもしれないだすが)、テーブルのあっちの方にはちゃんと彼氏もいるわけでやす。(*かのThe Lord of the Ringsでエオウィン姫をやってた女優)

ま、それでも、BBQがお開きになった後も「どこ住んでるの?車で帰るから送ろうか?」と言って来た辺り、そんなに怪しい人物扱いではなくなったようで、ちょっとホッとしたのだす。


と言うのも、オラがまだ若かりし頃、助手の人々には年齢の差を当然感じていたわけでありやんして、一方でいつまでも若いつもりでその年齢から来るギャップなど無いと信じ込んでいる助手がいたりして、それがウザがられている元になっていたのを思い出したのだす。

ついでに思い出したのは、6月頃、研修で来ていたCちゃん2(いかにも女子大生らしくファッショナブルな出で立ち、でも英語は苦手)が、フランス語を話せないオラとランチの時に隣同士になってしまい、何となく沈黙が流れていたとき、反対側に座っていたの別の院生が「ほら、なんか話すこと無いの?」とCちゃん2に促したのだすが、「だって、共通の話題なんて無いんだもん。日本のこともあんまり興味ないし」と身もフタもないことを言っていた、、、と言うエピソードなのだすが、でも実は至極当たり前のことだして、英語だろうが日本語だろうが30過ぎのオラと二十歳の娘さんがそう簡単に接点を見いだすのは大変だと思うのだす。

などなど、年齢やら言葉やら文化やら興味やら、を超えるにはいろいろ大変だなあ、と言うのを思い起こしているのがあったので、まあKちゃんがそんなに距離を置かなくなったので、ホッとしたのだす。

その他にも技術員のM君とは普段研究の話も出来ないし、わりと挨拶しかしない間柄だったのだすが、やはり火起こしには感心してくれたようで、この日を境に親しげになったので、それも良かったわけだす。


そんなわけで、A子のためのBBQは実はオラのためにも良かったわけだす。

コメント

共通の話題作りはいつも苦労します。はっきりいって私も会話なことが苦手なので。慣れるといろいろ話せるんですけどね。

とりあえず意識的に話すのがいいだしょうかね?

黙りを決め込むと、それはそれで困り者だし、疲れていると頭が止まってしまって本当に一言も出なくなってしまうのも悩みの種なのだす。

意識的で、そーですね。今のポジションは社内アドミニなのでいろいろな人と話す(といってもシステムのことがメインだけど)ので、そこが結構楽しめてます。

アドミニさんには確かに人が来ますな

部署に関わり無く知り合いが出来そうだすな。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/45-a2969d79
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。