--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月25日 (23:38)

一足早く芸術の秋だべよ

先日までパリで公開されていたKANDINSKYの展覧会に行って来たオラなのだす。

この人、一見わけの分からない絵を描くのだすが、重要なことは画家本人がどういうことを意図して書いたかを記述してあるところに、わけが分かる仕掛けがあり、やはり説明をすることはそれなりに意味があるのだと教えてくれるわけだす。

KANDINSKYだべよ

で、彼の作品の中にちょっとオラをインスパイアするものがあったわけだすよ。絵はがきになっていないか探したのだすが、どうも代表作ではねえようダベね(興味がある人は、ググれば結構な量の画像が検索出来るべよ)。

それがこれ、というか、オラが思い立って書いた封筒の裏の落書きなのだす。
インスパイアされただ


オリジナルはこんな感じだしてね、、、このモチーフに関するmanuscriptを見いだせていないので正解か否かは実は分かりかねるのだすが(例えば”2頭の馬”と題された絵を見ても馬を2頭探し出せねえオラだすので)、どうもオラ的には見た瞬間、「これは猫ダベ!」と思ったのだすよ。
オリジナルっぽいやつ
この人、画風を抽象化していくわけだすが、最後には”まーる、さんかく、しかーく~”だけの画風に到達するわけだして、この単純化加減がさすがというべきだすかね。このモチーフがあったのは完全抽象に移行する前の中期の作品だったべよ。


でもって、おらがキアヌぼんをKANDINSKY風に描いてみたのだす。
おらキアっぽいやつ
まだ無駄が多いだすかね?


と、キアヌぼんの写真をPhotoshopで加工してみただ。上の落書きは上手く特徴を捉えられているダベかねえ??
アートなキアヌぼん
絵で目力の愛らしさを表現するのって結構難しいかもしんねえべな。


と、こんがり色に焼けた人々が街に戻り再び闊歩するこの時期、暗くなるのも早くなって来て秋の予感を感じさせるわけだして、芸術の秋を先取りしてみたべよ。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/468-98c4e335
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。