--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月06日 (00:22)

北北西へ進路を取りつつ、論理の矛盾をつき、反応を引き出す。

まあ北北西にちょいと進路を定めつつあるオラなのだす。

朝起きて、お偉方の前で口頭発表する人に選ばれたメールを受けて、ちょいとハッピーな感じで始まったのだすが、

共同研究者が妙に第三者的立場で「ここはおかしいから、こうしろ、ああしろ」って、返事を寄越してだすねえ、、、だけんども、そこの解析の担当あんたがたダベ。。。今さら言って来るのは、解析時に真面目にやってなかったか、解析そのものに携わってなかったどちらかだと思ったオラなので(前任者がこちらのデータを持って、何かを持ち帰ってきたのは確かなのだすが)、それを問うたら「解析はやった。1年前にその矛盾点は発見していた」って、、、なんで1年も放置しておいて世に問おうという時に言って来るだすかね?

「それをやらないと非難を浴びる」って(オラはそうは思わないのだすが)、仮にそうだとして、じゃあ何故今の今まで放っておいたんだすかねえ?大体半年以上も前に同じようなシチュエーションがあった時にはろくすっぽコメントくれなかったくせに、"(データに厳しいので有名らしい)Eric Dに回すと思ってたから、念を入れようと思って "って、それは真っ当な言い訳なんだすかねえ??

どっちかっとつぅと、オラがやり直した関連データの新規性に慌てたんではないだすかい?オラは奇妙な現象としてありのままを記載し、あんたがたはそれをよく分かんないままに隠していた、もしくは気づかなかっただけ、だと思うんだすが、そうすっと、その解析の現場の担当のクレジットが外されかねないのを恐れて、「解析は彼がやった。その現象にも気づいていた。解析自体も正しかった。今、再確認のためにより良い解析法で解析し直している。」って、言っているだけじゃないだスかい?

なーんか、ちぐはぐしているんだすが。。。(「じゃあ、”より良い”解析法ってどんなだすか?」って聞いても、新しいアルゴリズムが云々、って、おおよそ世に出回っているものは試されているはずなんだすがねえ。)

これが直属の部下にとっては頼もしい限りのボスなのだしょうが、ねえ。もしその怪しいとされるデータをオラの所属する研究室の前任者がやったというならば、オラは即そのデータを取り直していたはずなのだすが、まあ一応権威のあるラボのだしたデータだということでスルーしておいたのだす(っつうか、その他のデータ全部取り直して入れ替えたのに加えて、新たに1個足した状態だったので、そこまでも疑いの目を持ちたくはなかったのだす)。

あんまり追求したら多分固まるんだしょうなあ。つうか、あんまりきっちり追求すると、その人の過去の業績にまでクレーム付けなくてはならなくなるので、敢えてこちらもスルッと素通りしておいたのだすが、、、

「どんなに小さな矛盾だろうが、それがあんまり重要ではない点であろうが、それに答えるのがScienceだ。」って言っている人が、オラが「過去の業績と現データを合わせて考えてどうも彼らが提示したモデルのある点は修正する必要があるのではないか?」と聞かれて、「それは、そもそも(彼らの論文中で)正しく解析されていないから否定する根拠が見当たらない。」って、それは肯定もされない、ってことダベ?じゃあ何でモデルとして組み込まれているんだすかね?で、適切に解析されてないのであれば、それは適切に解析されるべきだし、そこに興味がある人には大きいし、あんたがたには小さいのかもしれないけれども、少なくともあんたのScienceに対する主義主張に乗っ取るのであれば、あんたがたは答える”べき”ではないんだすかね???

って、それがトップレベルなんだすかねえ?だとしたら、オラもトップレベルとされてもおかしくねえんだすがねえ。うーん。

とまあ、2週間も音沙汰なかった割にはバシバシ言いたいことを言って来たので、ちょいと切れ気味のメールを長々と書いて(ボス曰く「長過ぎるけれども、どこをとっても当たり前で削りようがない(苦笑)」と言うことでメールをポチッと出したわけだすが、逆に慌てさせて国際電話をかけて来たくらいなのだすが、来週の月曜日までに何とか出来なかったら横やりは入れない、という言質はとったので(オラがムチで、ボスにアメの役をやってもらったのだす)、いいとするだすかねえ。

でも、なんとなく、その他のコメントを見るに分かってないんだべねえ、と言うのがオラには分かって、ふうー。とため息をついてしまうので、

とりあえずご飯を外食にしてみたのだすが(家に内装工事が無理矢理入ってキッチンが使えないこともあり)、今日行ったところは安かろう今一っていう典型だしたね。肉とか、やはりこの値段だと、そのクオリティーになっちゃうベエねえ、っていうやつだすよ。その割には壷入り赤ワインが及第点だしたが。

とまあ、そんな1日なのだした。

締め切り破っているのが、ちょいとストレスで寝不足気味なのだすが、もうちょっとで終わるので早くあげて一息つきてえべな。

って、それが終わっても次から次へとあーこりゃこりゃ。


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/495-e9e71482
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。