--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月26日 (06:25)

職場の食堂に見る茶目っ気

職場のメニューには、たまにPizza Napoletana? だのPizza Margaritaだのが出て来るのだす(幾つかのメニューから選ぶ方式だす)。

わざわざ色が変えてあるところがミソで、別にタイプミスだのスペルミスだのじゃないだすよ。

イメージ写真
写真はあくまでイメージだす(ナポリ在住時の近所のピッツェリアの”シェフお任せ”ピッツァ


これって、実はPizza Napoletana(と言うのが本当に存在するかはちょっと置いておいて)やPizza Margheritaのパロディなのだす。一応説明しておくと、前者はピッツァで有名なナポリの名を関したピッツァ(で、たぶん北イタリアとかにはありそう)、後者はそのナポリで一番ベーシックなピッツァなのだす(トッピングは赤いトマトソースベースとして、白いモッツァレッラチーズ、緑のバジリコの葉で緑の彩りを添えて、イタリア国旗の三食に仕立て、マルゲリータと言う名前の王妃に捧げたという逸話から、その名前がついているわけだす)。

で、当たり前だすが、職場の食堂で窯で焼いた美味しくて当たり前と考えられているナポリ・ピッツァが出て来るわけ無いのだす。食堂の調理の人だって、出すつもりは無いのだす。実際のところ、オーブンで鉄皿に入れて焼いてあるやつを四角く切ってあるやつだすからね。どう考えたって、似て非なるものどころか、まるっきり別物なわけだす。

なので、”?”がついていたり、”マルガリータ”と似て非なる名前が関してあったりするわけだすが、それは両者の了解がすぐに成立し、パロディとして受け入れられるわけだす(両者の期待/先入観に大きな隔たりがあるとき、”うそつき””詐欺””まがいもの”などなどの評価が生じるのだす)。

なーんかお茶目だと思いませぬか?職場のメニュー書いている人のセンス。日本でも町の大衆食堂がホウレンソウが入っている定食にポパイと付けてみたりする、そういう感じに似ている気がするのだす。


ちなみにPizza Napoletana?はトマトソース、チーズ(プロセスっぽいやつ)、バジリコとまあいわゆるPizza Margheritaに近い構成であり、Pizza Margaritaはトマトソース(少なめ)、チーズ、黒オリーブの実、ツナがトッピングしてあってまあこれはこれでなかなか美味しかっただす。


とここまで書いて来て、ふとネットで検索をかけてみると、、、
どうもMargaritaはMargheritaのスペイン語読みらしい。。。ちなみに英語はマーガレット。

と言うわけで、上の文章はオラの勘違いである可能性がアルベよ。。。

真相は、今度イタリア人に聞いてみるだす(一人一人に聞くのがミソで、じゃないと、オラそっちのけで論争が始まるべ。。。)。

タグ : ピッツァ

コメント

所変われば名変わる?

日本で言うウインナーがウイーンに行くとフランクフルターソーセージになりフランクフルトではウインナーソーセージって名前が変わるみたいなのに似てますね。

ローマではpizza napoletanaというのはパリパリの薄い生地のローマピザに対する柔らかくて厚めの生地を指す場合とトマトソースにアンチョビ乗せという具を指す場合と両方あります。マルゲリータはトマトソースモッツァレッラ(残念ながら水牛のではない)のせです。バジリコはのせてない方が多いです。

おもしろい…

お茶目な食堂なんですねぇ。

それは消防庁のラーメンが
ファイアーラーメンって名前なのと
同じセンスかにゃあ?

名ばかりか中身も変わっているのだす

>pallinaさん。
なるほど、ウインナーの例などを考えるとありがちだすな。アンチョビが乗るとnapoletanaなのは近所のピザ屋さんがそうだすだ。そういうことにしてるのかもしれませぬ。

>harryさん。
結構、メニューで遊んでいると思うんダスよね。味は今いちなんだすが、それなりにメニューが豊富であんまり同じパターンにならずにすんじょりますだ。

USではChipsのことをFrench Friesといいますが、フランス人に聞いたところ、フランスではBelgian Friesと言うそうじゃないですか?!。。

そういう話を聞いたことあるだすな

職場の食堂でフライドポテトはよく出るのだすが、誰かが似たようなことを言っていた気がしますだ。

呼び方が違う理由は分からんだすがねえ。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/55-16097eaf
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。