--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月12日 (23:34)

カレーあれこれ

インドカレー屋さんでカレーを食べてきたおらなのだす。


まあ一口にインドと言っても広く、その多様さはおらの想像を遥かに超えているわけだすが、さらに一口にカレーと言っても、その味は千差万別であり、多分おらが食べてきたカレーと、みなさんがそれを聞いて想像するカレーの味とが一致する確率はかなり低いと言っても良いだしょう。

オラ的には辛いカレーが好みなのだすが、まあマイルドでもコクがあれば良いとするのだす。今日食べたカレー(ほうれん草と鶏肉のいわゆるサグチキン)も全然辛くはないのだすが、コクがあって美味しかった部類に入るだしょう。でも、まあ基本的にフランスで食べるカレーはマイルド路線でありやんして、さらにはナンにチーズが練りこんでいる辺りがもうおフランスざんす。しぇー。


で、辛いカレーと言えば、大学院時代(博士の方ね)に開店当時から通い続けた車両通用門側のカレーやさんは今もあるだすかねえ。あの妥協のない辛さはオラ的には非常に大歓迎だったのだすが、その辛さは本当に妥協がなくて、これで商売が成り立つかどうか心配になったほどだったべよ。


そういやその昔、初デートに人体模型展覧会に誘い、しかも飲んだくれた次の日シャワーも浴びずに着の身着のまま出かけ、締めにカレー屋さんに連れて行って見事に振られたことがあるのだすが、

それはカレー屋さんのせいでは絶対にないにせよ、当時の「このカレー屋のウマさに感動するに違いない」という妙な自信があった反動か(おいおい)、そのカレー屋さんと深くこの時の記憶が結びついておりやんして、東京に戻ってその店に行く度に、そんなことがあったべのう、とほろ苦さをカレーに感じるのだす。


で、今となっては、カレー屋に一緒に行ける仲、みたいな段階を何気に設定している自分に気付き、密かに苦笑しているのだす。


んがぐぐ。

カテゴリ : その他記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

コメント

同じ釜のメシ

感覚わかります。食の一致・・みたいな。
先日ある男性とネパール料理屋にカレー食べに行きましたよ。奴さんは脇に添えてある辛いペースト全部混ぜたけど私は4分の1でとどめておいたのが違いかな。(笑)

Re: 同じ釜のメシ

まあ100%一致というのはムズカシイと思いますがね、初めっからカレー屋さんはなかったべよ、と反省しちょります。女性で辛いの好きというのはそんなに多くいませんだすしねえ(本人が行きたがっていたなら別として)。逆に厳格なベジタリアンな方とは、おらの方でちょっとめんどくさいと思ってしまうのだす。

> 感覚わかります。食の一致・・みたいな。
> 先日ある男性とネパール料理屋にカレー食べに行きましたよ。奴さんは脇に添えてある辛いペースト全部混ぜたけど私は4分の1でとどめておいたのが違いかな。(笑)

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/577-fce9f9a1
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。