--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月02日 (19:01)

どうすりゃいいだか。。

瞳孔が開きっぱなしでヨロヨロっと頭が左右に揺れていたりするキアヌぼん。

ちょっと、うむ、、って感じなわけだすが、近くに寄ると顔だけ起こしてなんだか大変そうだすし、しかもおらのことを動く餌だと思っている節があるだ。。遊びのつもりが調節効かないとか言うレベルでなくて、マジに喰いに来られているべ。。

それをみて、ちょっと難しいなと実感するおら。一方どこかで解放される自分にホッとしているおらって何なんだべか。。。どうしたらいいか本当に分かんなくて、トイレ行ったついでになかなかキアヌぼんの側に戻れない自分がいるのだす。

そってしておいた方がいいのか、それでもまだまだ嫌がってストレスでも薬をあげた方がいいのか、どうすりゃいいだか本当に分かんなくなって、でもこんなに噛む力があるならば、まだ生きんべか?と問いかけてみると、なんとなくその気が伝わって来る気がしたので、よく分かんないだがすが、薬とヤギミルク10ccほどをあげただ。


ベッドの裏に隠れているキアヌぼんをもちあげたら、ステロイドの錠剤だけを吐き出していたことが判明しやして、、、水飲むボールの底によくゴミが入っていたのだすが、あれはどうやら飲ませたはずの薬をどこかに隠しておいて、水飲む時に吐き出していた模様。。。今度は薬の後、ミルクを飲ませて確実に。。と思いきや、ころんとタオルの上に落ちて来たりしやして、どうやって隠してたんべか。。飲ませ損ないがあったことがキアヌぼんの病気を食い止め切れてなかったとすると。。。む。。う。

薬の口内投与は元気なうちから歯磨きと一緒に練習しておいた方がいいべよ、と猫飼いさん達には言っておきたかったりスンベ。チキンなおらは今までさぼって食べ物に混ぜてあげてたんで、それもまた警戒して本来食べるべき餌を食べなくなった原因だと思われるのだす。キアヌぼん、まじでゴメンだす。


しばし、瞳孔の開きが戻って、”キアヌぼん”が戻って来たのだすが、しばらくすると、またユーラーリユラリとさまよい始める感じ。


ちょっと午前中は別の心配事も勃発し、なんだかんだで獣医さんにいけず。。もっと強くありたいんだすが。。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/646-44fd2130
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。