--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月03日 (10:52)

キアヌぼんは、おらを喰らう。そしておらは思う。

いいんだか悪いんだか分からないのだすが、キアヌぼんの現在のデフォルトは常に獲物に襲いかかるモードなのだす。

昨日からとうとう自力歩行不可になりやんして、でも、匍匐前進は出来るので、床にタオルケット引いて寝ていたおらににじり寄って来るのだす。と、手の当たりに来て、かぷっ!

迷いの無い一撃でしっかりとおらの手には穴があくわけだす。きっと野良猫も最後の瞬間まで近くに来た獲物を喰らって生きようとするのかもしれませぬ。(では、なぜ、えさを食べてくれないべか?とも思ったのだすが、それはそれ、これはこれ、なのだしょう)

すぐに消毒しても、他にも世話の途中で噛まれたところもあり、ちょっとずつ腫れ上がっているのだす。


おらはかつて、おらが自室でぽっくり変死をしたらきっとキアヌぼんはおらを食べて生き伸びて欲しいべよ、と思っていたのだすが、やはり今生きているおらの手をあげるわけにはいかない、とおら自身が思っていることに気付き、おらのキアヌぼんへの思いというのはその程度なのかと。

なので、おらはおら自身が生き抜くために、キアヌぼんをどこかで犠牲にしていたのだなと、今になって改めてきづくのだす。皺寄せ論、結局弱いところが犠牲となる世の中の仕組み、とかずーっと、この2,3ヶ月考えていたのだすが(これは仕事がらみのことで)、おらがほんのちょっぴりエネルギーを使えば本当にちょっとのことで、キアヌぼんはもうちょっと長生き出来たはずなのだす。ガンは致し方ないとは言え、ペットはいつかは死ぬとは言え、、現在のキアヌぼんの生命力を考えるに、もうちょっとはマシにキアヌぼんは人生を送れたはずで、そのことは本当に申し訳ないだ。許してくんろとは言わねえだが、申し訳ないだ。本当に。ごめんよ、キアヌぼん。


コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/647-4f492451
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。