--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月09日 (01:07)

小沢さん考

ちょっととある人から「xxというポストが出来るんだけど、ゆくゆくは5年後に教授にふさわしい人いませんか?」とか聞かれちゃったんで、へ?とか思いながら、まあ日本の知り合いの動向なんぞをパラパラっとインターネットで見てみたわけだすが、、

出世している人達の中に、おらがどうも”えげつない”or”せこい”とか思っている人達の割合が異様に高いのにちょっと苦笑しちゃったのだす(N誌に掲載論文を持つ某君が他国に可能性を見出すのも分かるような)。まあ企業努力と言えば聞こえはいいだすが、それで感心する場合と、うわっと(ネガティブに)思う場合との違いってなんだすかねえ?そうかと思えば、何とかって感じがしないでもないだすが、でも確実に食いつないでいる人もいたりして、うわ、しぶといべなあ、と感心してしまったりしてよ、世の中いろいろだべな。


まあそれはともかくとして、巷ではそうではないと言われつつもいよいよ表舞台に立たんとする小沢さんだすが、まあネガティブキャンペーンは別としておいて、その評価としては1) 選挙に強い、2) 対米関係に強い、3) 中国に強いようで弱い。などがあげられているようだす。

が、うーん。オラ的にはまずもって地方参政権に関して推進派なのがちょっと嫌なのだすが、、本当にそれはやめておいたほうがいいだすよ。世の中えげつない人が台頭するように、多分違う価値観で持って思いもしなかった結果になるから(少なくとも時期尚早だす)。

何はともあれ、2)の要因あたりに期待している人もいるようなのだすが、、どうもこの人の話を聞いているとだすね、具体性に欠けるというのはいろんな人が指摘しているだすが、おらの印象としてさらに、「そういうのは、こうやってしまえばいいんですよ」的な発言が多い、っていうのも問題な気がしているのだす。ま、これはあくまで印象なのだすが、どうもその言い方が「教授/上司が事情がわかってないのにその場で適当に意見をしている」のにそっくりなんだすよねえ。

それを政治主導というのであれば、また部下(政治の場合は官僚)が「また、無理難題を。。」と右往左往した挙句、現場で工夫して機能するように、こっそり作り変えちゃう気がするのだす(実際には、めんどくさい事を出来ないようにするので、もっと日本という国がだめになってしまうのだす)。結局官僚支配に終わるんではないだしょうか??(実際そうなることは鳩山政権で実証済みだし。恐るべきは頭の良さはとにかくお墨付きの官僚たちかもしれんべよ。でも意外に彼らの中で能力に見合った大志を抱く人って少ないんだすよね。あるいはサクっと切り捨てれるからこそ、いろいろうまくやれているのかもしれないだすが。なので、いい意味での義務感を受け付けるエリート教育は必要なのだす)。

政治主導で、うまく行っているように見えるのは、例えば大阪府の橋本知事がそれっぽく見られるのだすが、実は幾つかの都道府県でも割とそういう感じでなんとか上手く回った例もあるようだすし、どうも日本のトップの器ってそれくらいの規模がいいんじゃないだすかねえ。とその昔も思った次第だす。

そうなるとやはり地方分権という流れは悪くはないのだすが、それをやるには外国人地方参政権は時期尚早で、地方なりの権力の在り方が確保されてから考えるべきなのだす。やはりレベル的にいまいちな県もあるわけだすしね。


って言うのは、きっと他の人もどこかで言っている気がするのだすが、そこら辺の理屈を踏まえているのかいないのか、もしくはおらの考えが見当違いなのかは分かりませぬが、天皇制という日本の切り札をあっさり切ってしまう辺りの小沢さんが、外国人地方参政権をできるだけ早くやろうという姿勢を見せている辺りに、どうもセンスがないような気がするんだすが、もし日本の国益なんて知ったこっちゃないって噂が本当だとすれば、逆にそっちの噂の方がもっともらしい説明になる気がすると、科学者の端くれの思考ではなるのだすが、どっかに抜けている要因や考え方の落とし穴があるだすかねえ??


というわけで、キアヌぼん、イタリアはイタリアでオラ的には変な国だっただすが、日本も負けじと変な国だすよ。フランスはストするし、どこに行ってもまあ色々変なことはあるだすがね、とりあえず湿気の多く蚊が飛んでいる日本に行かなくて正解だったかもしれないべねえ。君はとりあえずのびーっと前に伸びてあくびして、ちょこんとどっかでお座りしているといいべよ。



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/673-5230ce9b
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。