--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月19日 (16:34)

TPPへの現時点での理解

1. 日本抜きでは始まらないのがTPP。

 TPPは日本(の市場)を組み込んでこそ意義があんべよ。だから、日本が”乗り遅れる”ならば、本来の意図でのTPPは”始まらない”ので、その点は心配ねえのだす。

 この根拠はTPP参加予定国中、GDP比を比べるとアメリカ67%, 日本24%, オーストリア5%, その他4%、つまりTPPを主導するアメリカとしては日本抜きでは全然旨味が増さねえ。むしろ入ってもらいたいのはアメリカの方なのだす。

 だから、慌てずにじっくり考えてから、加入するなり拒否するなりすればよいわけなのだす。

 アメリカは日本に加入して欲しくてプレッシャーをかけるし、それを自分の得点にしたい日本の政治家(前原さんら)が「日本はTPPに加入すべきだ」と主張しているわけだすし、その他の人でも「どの道、農業はジリ貧だから今のうちに方向転換を模索すべし」とTPP賛成派もいるわけだすが、日本の農業の保護対策が整わないうちに、早急に加盟する必要はないわけだす。

2. 争点は農業だけではねえだ。
 TPPは日本に農作物を売りつけるだけが目的でなく、農業を加工する機構の方が狙われているらしいべ(つまり、農地もそうだすし、それを取りまとめる農協もそうだすし、何よりも農作物を製品化してからの利益がターゲット)。取引をすれば、当然トラブルだって発生するわけだすが、それも主導権を握っている国(つまりアメリカ)が決めたルールを、より国際標準化を盾に攻められ遵守せざる得ない状況になるかもしんねえべよ、ってことだすね、人的資源の交流も協定に込みってことは。


なんにせよ、賛否両論色々あるわけで、一方で急ぐ必要はそんなにないのを知っていれば、どちらにしても後悔の程度も低かろうと思うのだす。

ソースはこれ(リンクは後日切れてしまうかもしれないだ)。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/742-0676e9be
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。