--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月19日 (17:15)

sengoku38さんこと一色正春氏かく語りき。

産経新聞の提供で、sengoku38さんこと一色正春氏が外国人記者クラブで講演をした模様がyoutubeで見ることが出来るのだす(追記に埋め込みリンクを貼っただ)。

本も出版されているので、気になる方は手にとってくだされ。っていうか、1000円(+消費税)なので是非ご購入を。
「何かのために sengoku38の告白」一色正春(著)



さてさて、冒頭に述べた講演でおらが感心した点は、
 1)日本のマスコミによるバイアスを指摘した点。

 2)日本人のアピールが下手なので、それを補うべく、
   第三者の目(すなわち外国人記者)の人達による取材や報告をお願いしたこと。

 3)春先に”なにか”が起こる可能性があること。

 4)自分の行為が英雄視されるのではなく、
   日本人として当たり前の行為として認識されるような世の中を希望すること。
だすかね。”ながら聴き”なので、聴き落としていることも多々あると思いますだが、また時間を見つけて聞いてみたいと思うだよ。



”何かのために”は人によってそれぞれ違うだしょうが、多分その鉾先の向き方によって人は判断されるのだしょう。やったことの結果に対してではなく、それをやった本人に対してってことだすが、それは例えば賞とかご褒美とかそういうもので測れるものではなく、どういう信念のもとに何をしたかってことだして、

説明難しいかもしれないだすが、今回の一色氏においても、やった行為は公務員が組織の規律を乱したことなのだすが、それでもやっぱり褒められるべき行為であったと多くの人が思うのは、それが正しかった、からなのだす。

逆に、世間からすごいと思われることがあるのは理解は出来るけれども、オラ的には軽蔑をする、ってこともあるわけだして、

まあこんなしょうもないおらなのだすが、方向性としてはせめて前者を目指すべ、と思う今日この頃なのだす。随分と遠くに目標設置している気もするんだすがね。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/743-d76ea797
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。