--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月06日 (22:59)

件の20mSv/yearに関するメモ。

自分の為にメモ。

2011年4月29日現在の汚染状況(実測)

元ネタは、文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングのページより、
文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングの測定結果[平成23年5月6日]
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305818.htm

素朴な疑問1:4/29の測定データが1週間後に公開というのは、ゴールデンウィークだからだべか??

素朴な疑問2:一つ下のカテゴリ(緑の1.9-3.8uSv/hr)は単純計算して、1.9uSv/hr = 16.6mSv/yearなわけだすが(実際には屋外活動時間や屋内活動時間の補正を加えるのでもうちょっと下回るだべかね?)、5mSv/3monthsが放射線業務従事者(妊娠可能な女子に限る)の放射線の限度だすから、早急に非難させないと妊婦さんとか妊娠の可能性がある女性には微妙にきつくないだすかね?(もう2ヶ月弱経つわけだすから)。黄色のzoneの飯舘村とかも何で避難指定から最初のうち、外されてたんだべか??

決定過程も数値も「?」 揺らぐ校庭利用基準「20ミリシーベルト」
 産経ニュース 2011.5.3 00:53付けの記事より

 福島第1原発事故をめぐり、文部科学省が校庭の利用基準を「年間被曝(ひばく)線量20ミリシーベルト」と設定したことに反対し内閣官房参与の小佐古(こさこ)敏荘(としそう)東大大学院教授が辞任したことで、「安全の基準」が揺らいでいる。専門家で異なる数値の評価と拙速な決定過程に地元は振り回される一方だ。「20ミリシーベルト」はどのように決まったのか。

 原子力安全委員会の助言を受けて文科省が設定した校庭の利用基準は、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告を基にしている。ICRPでは、年間被曝限度量を事故発生などの緊急時は20~100ミリシーベルト、収束段階で1~20ミリシーベルトと設定。文科省は上限を20ミリシーベルトとした理由を「完全に緊急時から脱してなく、収束時とは言い切れない。緊急時と収束時の境界の数値にした」と説明する。

 文科省は、児童や生徒らが1日のうち屋内で過ごす時間を16時間、校庭など屋外で過ごすのを8時間とする生活パターンを仮定。年間20ミリシーベルトに到達するのは、屋外で毎時3・8マイクロシーベルト、木造施設の屋内で1・52マイクロシーベルトと算出。この数値を下回った場合には20ミリシーベルトには達しないとの判断から、校庭の空気中の放射線量が毎時3・8マイクロシーベルトを超えた学校のみ、屋外活動を1時間程度に制限する通知を出した。

 だが、20ミリシーベルトの設定をめぐっては当初から異論があったことも事実だ。原子力安全委員会では「子供は大人の半分の10ミリシーベルト程度に抑えるべきだ」とする委員の意見があった。だが、委員会は正式に開催されることなく、電話と対面で意見をまとめ、助言を求められてから約2時間で「差し支えない」と国の原子力災害対策本部に回答。線量基準の決定過程にも疑問符が付く。

 専門家でも見解は分かれる。近畿大原子力研究所の伊藤哲夫所長は「子供の方が放射線への感受性が高いとはいえ、がんになるリスクが高まるのは100ミリシーベルト。20ミリシーベルト以下なら全く心配ない」と指摘。一方、北海道大大学院医学研究科の石川正純教授は「(20ミリシーベルトは)若干高いという印象だ。活動制限などを行うための基準であり、安全基準と考えるべきではない」との意見だ。

 「安全ライン」が揺らぐ中、福島県郡山市や伊達市が独自で市内の小中学校などの校庭の表土除去を実施。市教委には保護者からの不安の声が電話やメールで多数寄せられている。

 一方、菅直人首相は2日、福島県の内堀雅雄副知事と首相官邸で会談し、校庭利用基準の見直しを拒否した。内堀氏は「政府関係者でいろんな考え方があり、県民は非常に不安に思っている」と訴えたが、首相は「国としての考え方がある。きちっと県民や国民に伝える努力をしなければならない」と述べ、現行基準への理解を求めた。

カテゴリ : 原発記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/776-d4ed938c
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。