--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月02日 (23:32)

12月だすな

今日も元気なキアヌぼん

気付けば、12月だす(写真は、今日も元気なキアヌぼんだすよ)。

と、毎月毎月、月始めになると似たようなことを思うのだすが、進歩がないと言うか成長がないと言うか、三つ子の魂百までとは良く言ったものだす。

なんだかグズグズしている時間が長く、バタバタしながら挽回して辻褄合わせをしてたのは、思えば小学校の頃からそうだった気もするのだす。


例えば、集団登校などと言うものがあったのだすが、おらはアレが大嫌いで、いつも集団登校出発10分以上経ってからノコノコ家を出て、その代わりダッシュして遅刻を免れていたものだす。オラの理屈としては、「遅刻しないわけだから、イイベよ、別に一緒に行かなくても」と言うものだったのだすが、、、

でも考えてみれば、あの集団登校と言う制度も一つの社会生活を営む上でのトレーニングだったかと思うと、どうやらそういうトレーニング無しで今に至って、相変わらずバタバタしているわけだす。そういや夏休みの宿題も9月の新学期が始まってからやり始めてただすし、一部の宿題は結局提出しなかっただすなあ。

中学くらいまでは割と問題無かったのだすが、やはりコツコツとトレーニングを積むのが大切だなあと思ったのは、高校くらいで成績が落ち始めた頃で浪人してから非常にそれを痛感したはずだったのだすが、大人になってからも直らず、卒業論文も修士論文も博士論文も全部閉め切り当日の締め切り時間1時間前に提出していたわけだし、(授業のレポート提出時の苦労で、毎回、余裕を持って出そうと心に誓うのだすが)、今となっては破れる締め切りは破りながら、あたふたと日常業務に追われる始末。

まあ今までは何とか綱渡りを渡れてはいたのだすが、そのバタバタも時として追いつかなくなりつつあるわけで、オラが渡ろうとしている人生と言うのは段々難易度が上がっているようにも感じられるのだす。で、オラはこの綱渡りに段々不安を感じて来ているわけでもあるのだす。

そんなわけで、オラのような凡人がストレスなく暮らすには、規則正しい生活をして普通に暮らせばいいような気もしているのだす。一方、今となってはそういう普通路線に戻るのが非常に大変な気もしていて、ウーム、と言う感じなのだす。


一応、blogでの肩書きにはマッドサイエンティストを標榜しているわけだすが、マッドにはそれなりの突き抜けた才能が必要でやんして、名乗り続けるのは止めた方がいい気もするのだす。だって将来的に失業したら、ただの人どころかマッドだけ残って、ヤバい人になりかねないべよ。やれやれ。

コメント

集団登校

私立の小学校に通った私。集団登校ってしたことがありません。だから未だに社会生活に適応していないのかな?

この頃は泥縄をする体力気力が昔ほど無いので少しだけ計画性がつきました。でも最後の土壇場はいつも綱渡り。性格だと思ってあきらめて共存しています。

まあそれだけではないんだすが。

集団登校って、防犯上の効果以上のこととして、1)歳の違う集団が2)目的に向かって3)予定通りに行動するっていうのが含まれていると思うのだすよ。

まあ、私立小学校に通っている全員がそれに関するトレーニングを受けてないから云々、と言う共通項はないとは思うのだすが(オラの中高の半分以上の生徒も、集団登校したことないはずだすが、社会生活に適応してない、と言う話は聞いたことないだすからなあ)。

オラも体力気力の衰えを感じているので、早めに計画性を身につけるようにしたいものだす。

私も・・・

集団登校は、2,3年生までだったような・・・。その頃は、まだまだ世の中ものんびりしてたし。今は、どちらかというと、防犯ですね。最近、登下校中の小学生が犯罪に巻き込まれまて・・・などのニュースが多いです。
締切りギリギリの綱渡りは、私も毎回、何事でもそうです。いつも、そうならないように・・・と思うのに・・・懲りない・・もうこの年で、性格を変えるのは、難しいかな~

途中で引っ越したので、一貫したシステムは覚えてないのだすが、上級生が1,2年生を引率する役立ったのだす(お母さんも一人くらいいただすかねえ??)。

引っ越した先は、集合場所が既に校庭の真ん前だったので、何もみんなで集まることないべよ、と、これまた集合時間にいかなかったのだす。

今のご時世だったら、防犯上の理由で親に強制的に連れてかれたかもしれないだすな。自分だけの問題ではなくなるわけだすし。

イタリアはそういえば事前に登録してある保護者じゃないとお迎えが出来ないシステムになっていただす。フランスは良く分かってないだすが。。日本もそういう時代なんだすなあ。

性格は変えられないかもしれないだすが、ある程度習慣は変えられる、、、と信じたいわけだす。じゃないと、いっぱいいっぱいなわけだす。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://keanubon.blog68.fc2.com/tb.php/86-b311be1b
プロフィール

ebizo (ebi)

Author:ebizo (ebi)
「おら」ことマッドサイエンティストなebizo&その助手ナポリ生まれの猫キアヌ坊(きあぬぼん)は、フランスはパリにてその日暮らしをしているだ。blogの略称は”おらキア”だ。コメントが撥ねられちゃう方はフォームにて連絡下せえ。


バナーもあるべよ。

参加イヴェント等

その1:コスモ石油の環境保全事業。6つのカテゴリーからお好きな事業を選べますだ。


その2:ご存知Nyamazonだすよ! Nyamazon
その3:デジカメファイルからアルバムを作るのに便利だべ。
FUJICOLORプリントおとどけ便

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。